北漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北漢と周辺諸国

北漢(ほくかん、951年 - 979年)は、中国五代十国時代山西省北部を支配した国。十国の一つ。都は太原。

歴史[編集]

北漢の創始者である劉崇は、後漢の創始者であった劉知遠の弟である。後漢の第2代皇帝である劉承祐(隠帝)が武将の郭威によって殺されると、劉崇は任地である太原で自立の気配を見せたが、郭威によって自らの息子である劉贇(りゅうひん、贇は文武の下に貝)が新しい皇帝に擁立されそうであったので取りやめる。しかしその後、郭威が劉贇を殺して自ら即位し、後周を建てると、劉崇は後漢を北で再興したとして皇帝位に就いた。

皇帝になったといっても単独では後周に対抗する力を持たない劉崇は、北のに救いを求め、以後は遼の衛星国家として、遼の兵力を持って後周と対立する。954年に郭威が死去して柴栄(世宗)が即位すると、その隙を突くべく翌年に大軍を南下させて沢州の高平(現在の山西省晋城県)で激突した。当初は有利に戦況を進めていたが、将軍趙匡胤の奮戦などで敗北して太原へ逃げ帰り、間もなく劉崇は死去する。

次男の劉鈞が後を継ぎ、頽勢を挽回するために内政に力を入れるが、957年に柴栄によって領土を奪われる。その後、後周では趙匡胤に禅譲が行われて北宋が成立するが、北宋からも強い圧力を受け、国内は混乱状態に陥る。

968年に劉鈞が死去し、劉崇の外孫で劉鈞の養子になっていた劉継恩が擁立されるが、すぐに殺されて異父弟の劉継元(同じく劉崇の孫で劉鈞の養子であった)が即位する。劉継元は宦官に政治を任せ、帝位のライバルとなる血縁を殺して回ったので政治は混乱し、979年に宋の太宗親征軍を受けて降伏し、北漢は滅びた。これにより宋による中国統一が完成した。その後、劉継元は宋から彭城公に封ぜられて天寿を全うした。

北漢の統治者[編集]

  1. 世祖神武帝 劉崇895年 - 954年、在位:951年 - 954年)
  2. 睿宗孝和帝 劉鈞926年 - 968年、在位:954年 - 968年)
  3. 少帝(少主、廃帝) 劉継恩(? - 968年、在位:968年)
  4. 英武帝 劉継元(? - 991年?、在位:968年 - 979年