北海道フリーパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北海道フリーパス(2009年発行の普通車用)指定券発行はその都度★マークが印字される

北海道フリーパス(ほっかいどうフリーパス)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)が発売する特別企画乗車券である。

本項では、名称変更前の「北海道フリーきっぷ」や、かつて発売されていた2人用の「北海道ペアきっぷ」についても記述する。

概要[編集]

JR北海道管内の鉄道全線とジェイ・アール北海道バスの一般路線バス全線が連続する7日間乗り放題となる乗車券である。 なお、使用開始をした本券を有効期間内に第三者へ譲渡・転売し使用することは認められていない。

発売開始[編集]

北海道フリーきっぷ(1994年発行のグリーン車用)

1986年(昭和61年)2月1日に国鉄北海道総局の特別企画乗車券(後に記名式)の1種で連続する5日間(後に7日間)乗り放題の乗車券として発売開始[1]。発売当初は1人用が「北海道フリーきっぷ」、2人用は「北海道ペアきっぷ」であった。いずれも普通車用のほかにグリーン車用も発売されており、グリーン車用ではB寝台車も利用できた。

ただし、普通車用・グリーン車用のいずれも、本券の提示だけで指定券の発行や乗車できるのはJR北海道内の特急・急行列車[2]に限られ、本州からの直通列車の寝台では乗車券としてのみ有効であった。

1994年6月当時の発売価格は以下の通り[3]

  • 1人用「北海道フリーきっぷ」
    普通車用22,500円・グリーン車用33,400円
  • 2人用「北海道ペアきっぷ」
    普通車用41,100円・グリーン車用60,600円

名称変更[編集]

北海道フリーパス(2008年発行の普通車用)この年まで、駅員が指定券発行の都度スタンプを押していた

2005年4月1日発売分より現行の名称に統一された。当初は普通車用とグリーン車用、一人用と二人用の組み合わせで発売されていたが、2007年5月までには二人用の発売が終了、2009年3月31日使用開始分を最後に、グリーン車用の発売は終了となり、普通車用のみの設定となる。

名称変更直後は特に指定席券の発行枚数に制限はなかった[4]

「北海道フリーきっぷ・ペアきっぷ」「北海道フリーパス(指定券の利用回数制限無し)」は全券種の常備券が設定されていたが、指定席利用回数制限導入後は廃止された。

2012年現在の設定[編集]

北海道内の特急急行快速列車およびSL列車の普通車指定席を最大6回まで利用することが可能である。特急・急行・普通列車の自由席は何度でも利用できる。

バス路線は、他社と共同運行を行う都市間バス路線の「高速おたる号」・一般路線バスの「空知線」の一部はジェイ・アール北海道バス担当便のみ利用可能。キロロ線・「高速あさひかわ号」・「流氷もんべつ号」・「ポテトライナー」・「高速えりも号」・「高速ひろおサンタ号」は利用できない。

本州方面より(へ)またいで利用する場合は乗車券中小国駅まで(から)、特急券はJR北海道管内で最初に停車する駅まで(から)購入する必要がある。グリーン車、「北斗星」、「カシオペア」、「トワイライトエクスプレス」等の寝台列車および、はまなすカーペットカーを利用する場合は乗車券部分のみ有効で、乗車駅から下車駅までの設備に応じた各料金券が別途必要となる。ただし、「はまなす」の普通車指定席(ドリームカー)に限り、函館駅 - 札幌駅間にて利用できる。

発売価格[編集]

(2014年4月1日現在)

大人: 26,230円
小人設定なし。

利用制限期間(2014年度)[編集]

  • 5月2日-6日
  • 8月8日-17日
  • 12月27日-2015年1月4日

有効期間が利用制限期間にまたがる場合、利用制限期間日数相当の延伸は行わない。

  • 例:2014年5月1日から使用開始すると、有効期間は5月1日、7日 - 12日にはならず、5月1日、7日の2日間となる。

発売箇所[編集]

利用開始日の1か月前よりJRのみどりの窓口、旅行センターおよび主要旅行会社で発売。

また、JR東日本の指定席券売機でも購入できる(以前は座席指定も可能だったが、現在は北海道フリーパスと同時に発券される「ご案内」に、「指定券は指定席券売機では取れませんので駅みどりの窓口でお願いします」と記され、不可能となっている)。

  • 東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)管内では発売していなかったが、2013年4月1日より取り扱いを開始した。これにより、JR旅客鉄道6社の全窓口での購入が可能になった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北海道旅客鉄道釧路支社編『JR釧路支社 鉄道百年の歩み』 p116
  2. ^ 津軽海峡線の特急・急行では、中小国から(まで)の停車駅までは利用可能で、「はまなす」でも函館-札幌間の停車駅相互間の普通車指定席は利用可能であった。
  3. ^ 弘済出版社『JR時刻表』1994年6月号 p943
  4. ^ 少なくとも、弘済出版社『JR時刻表』2005年3月号には指定席券の発券枚数に関する記述はない。弘済出版社『JR時刻表』2007年7月号においては、二人用の記述がなく、指定席券の発券枚数に関する記述がある

リンク[編集]