北極海の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北極海の戦い
HMS Sheffield convoy.jpg
シェフィールド艦上より望む輸送船団、1941年12月撮影
戦争第二次世界大戦
年月日1941年8月 - 1945年5月
場所北海ノルウェー海
結果連合国の勝利
交戦勢力
Naval Ensign of the United Kingdom.svg イギリス海軍
US flag 48 stars.svgアメリカ海軍
Canadian Blue Ensign 1957-1965.svg カナダ海軍
War Ensign of Germany 1938-1945.svg ドイツ海軍
損害
商船87隻、巡洋艦2隻、駆逐艦6隻、各種護衛艦艇8隻 巡洋戦艦1隻、駆逐艦3隻、潜水艦32隻、航空機多数
北極海の戦い

北極海の戦い(ほっきょくかいのたたかい)とは、第二次世界大戦中にソビエト連邦を支援する連合国軍の輸送船団を巡り、北極海およびノルウェー海で行われた戦い。

経緯[編集]

凍りついた20インチ信号灯。援ソ船団を護衛中のシェフィールド艦上にて撮影

1941年6月にドイツ独ソ不可侵条約を破り、ソビエト連邦に侵攻を開始した。これに対しアメリカイギリスレンドリース法によるソ連への物資や兵器の援助を決めた。

援助物資輸送ルートについては、太平洋ルート(アメリカ西海岸から、ウラジオストクナホトカなどに船で物資を送り、シベリア鉄道で前線近くまで送り届ける)、イランルート、北極海ルートがあった。北極海ルートは距離が最も短く、船舶利用により大量輸送が行いやすいルートであった。援助物資の総量のうち、およそ2分の1が太平洋ルートを、およそ4分の1ずつがイランルートと北極海ルートを経由した。重量ベースではおよそ400万トンが北極海ルートによって運ばれた。

物資を運ぶ輸送船団はイギリスまたはアイスランドに集結し、ノルウェー海からバレンツ海を通りムルマンスクあるいはアルハンゲリスクへ向かうルートを通る。しかし、ノルウェーはドイツが占領しているため(ヴェーザー演習作戦)、なるべくそこから離れた結氷海域を航行した。それでも、輸送船団はノルウェーを基地とする航空機や水上艦艇、Uボートの攻撃に晒された。

最初の船団(ダーヴィシュ船団)は1941年8月21日にアイスランドを出航した。そしてドイツ降伏後の1945年5月30日までに合計で78の船団(ソ連発の復路船団も含む)が、この航路を行き来した。

主な戦い[編集]

  • PQ17船団の戦い - 1942年6月にアイスランドを出発した船団。ドイツのUボートと航空機の攻撃で船団は壊滅した。
  • バレンツ海海戦 - 1942年12月、ドイツ艦隊がJW51B船団を攻撃したが商船の損害はなかった。
  • 北岬沖海戦 - 1943年12月、巡洋戦艦シャルンホルスト以下のドイツ艦隊がJW55Bを攻撃したが、逆にシャルンホルストが撃沈された。

関連作品[編集]

コンピュータゲーム
  • 『ノーザンコンボイ』チャンピオンソフト、年、PC8801シリーズ。第二次世界大戦時の英米による第三次援ソ船団(FR77)を護衛しムルマンスクへ入港させるゲーム。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Arnold Hague,The Allied Convoy System 1939-1945:Its Organization,Defence and Operation,Anapolis:Naval Institute Press,2000
  • Richard Woodman,Arctic Convoys 1941-1945,Barnsley:Pen&Sword Maritime,2007

関連書籍[編集]