北東アジア貿易タワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北東アジア貿易タワー
동북아무역타워
施設情報
所在地 韓国の旗 大韓民国仁川広域市
状態 完成
建設期間 2006年7月 - 2011年3月[1]
用途 オフィス、商業、住宅、ホテル[2]
地上高
屋上 305.1 m[2][1]
各種諸元
階数 68 階[2]
延床面積 104,425 m2[2]
関連企業
設計 コーン・ペダーセン・フォックス(KPF) / ヘリム(Heerim)
施工 大宇建設POSCO

北東アジア貿易タワー(ほくとうアジアぼうえきタワー、朝鮮語: 동북아무역타워、東北亜貿易タワー、英語: Northeast Asia Trade TowerNEATT)は大韓民国仁川広域市の臨海開発地域・松島新都市(Songdo International City)にある68階建ての超高層ビル。2006年7月に着工、2011年に主な構造が完成していたが[2][3]、設計にあたったコーン・ペダーセン・フォックス(KPF)によれば不況による財政上の理由から内装工事は当分保留とされ[3]、その3年後の2014年7月に竣工式が行なわれた[4]。韓国で2011年まで最高層だったマンション「サムスン・タワーパレス3」(高さ264メートル)、その後最高層の座を奪った釜山・海雲台のマンション「海雲台斗山ウィーブ・ザ・ゼニス・タワーA棟」(高さ301メートル)をしのぎ[4]韓国最高層のビルとなった。

松島国際業務地区(Songdo International Business District, ソンドIBD)のランドマークとして計画されたこのビルは、6階から24階がクラスAのオフィスフロア、25階から36階がホテル、37階から62階が高級マンション200戸分、63階から65階にはレストランと韓国で最も高いビル展望台が予定されている[1]。また低層階にはブランドショップなども入居する。

隣接するリバーストーン・ショッピングセンターや中央公園にはスカイブリッジで直結しており、仁川メトロ1号線国際業務地区駅からも通路が連絡している[1]。近傍にはシェラトン松島ホテルや国際会議場・松島コンベンシア(Songdo Convensia)なども建つ[1]

仁川国際空港とは仁川大橋で結ばれる松島新都市には、このほかにも仁川タワー(587メートル、151階建ての予定)などが計画されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Northeast Asia Trade Tower”. Gale International. 2010年3月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e Northeast Asia Trade Tower”. SkyscraperPage.com. 2010年3月1日閲覧。
  3. ^ a b South Korea's tallest skyscraper opens – three years after completion”. Dezeen. 2014年7月23日閲覧。
  4. ^ a b 68階建て305メートル…韓国最高層ビル竣工 中央日報] 2014-7-11