北府駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北府駅*
駅舎(2012年8月25日)
駅舎(2012年8月25日)
きたご - Kitago
越前武生 (0.6km)
所在地 福井県越前市北府2丁目
所属事業者 福井鉄道
所属路線 福武線
キロ程 0.6km(越前武生駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1924年(大正13年)2月23日
備考 *2010年に西武生駅から改称
北府駅の駅名板(2011年4月10日)

北府駅(きたごえき)(旧称:西武生駅・にしたけふえき)は、福井県越前市北府2丁目にある福井鉄道福武線である。

駅構造[編集]

  • 木造平屋建ての駅舎は、中は待合室と自転車置場に割り当てられ、窓口は閉鎖されている。無人駅だが、平日朝のラッシュ時には駅員が常駐する。
  • ホームは2面2線でカーブがかかったところにあり、福井方面ホーム(一部自転車置場)は待合室に隣接し、越前武生方面ホームは構内遮断機付き通路を渡ったところにある。
  • 駅舎改修に伴いトイレが水洗化された。
  • 公衆電話・自販機あり。
  • 駅舎内の奥に常設のギャラリースペースが設けられ、かつて使用された古い制服や車両・駅の備品などが展示されている[1]
  • 越前武生駅とともに、福井鉄道で使用される列車が留置されている。
  • パークアンドライドは30台分だったが、2010年6月1日より63台分に拡大された[2]

利用状況[編集]

  • 北府駅の利用状況の変遷を下表に示す。
    • 輸送実績(乗車人員)の単位は人であり、年度での総計値を示す。年度間の比較に適したデータである。
    • 乗降人員調査結果は任意の1日における値(単位:人)である。調査日の天候・行事等の要因によって変動が大きいので年度間の比較には注意を要する。
    • 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。
年 度 当駅分輸送実績(乗車人員):人/年度 乗降人員調査結果
人/日
特 記 事 項
通勤定期 通学定期 定期外 合 計 調査日 調査結果
1989年(平成元年)       46,742      
1990年(平成2年)       47,200      
1991年(平成3年)       44,497      
1992年(平成4年)       42,053      
1993年(平成5年)       39,875      
1994年(平成6年)       35,883      
1995年(平成7年)       36,032      
1996年(平成8年)       31,511      
1997年(平成9年)       31,248      
1998年(平成10年)       29,927      
1999年(平成11年)       31,642      
2000年(平成12年)       31,887      
2001年(平成13年)       29,876      
2002年(平成14年)       29,730      
2003年(平成15年)       23,380      
2004年(平成16年) 4,458 15,600 12,263 32,321      
2005年(平成17年)       31,893      
2006年(平成18年)              
2007年(平成19年) 3,330 18,240 11,926 33,496      
2008年(平成20年)              
2009年(平成21年)              


駅周辺[編集]

福井鉄道本社への最寄り駅である。駅の北隣には車両工場があり、駅構内の福井寄り終端部分から工場への留置線が延びている。武生高等学校に近く、自転車通学が難しくなる冬季は特に学生の利用が多い。

その他の施設

歴史[編集]

旧駅舎(2011年8月20日)

その他[編集]

2010年2月より放送された携帯電話会社ソフトバンクモバイルのテレビコマーシャル白戸家「親孝行」篇で駅舎と車両が使用された。

それがきっかけとなり、同年4月12日、同CMの「お父さん犬」が当駅の名誉駅長に就任。有人駅である隣接の越前武生駅に駅長帽をかぶったぬいぐるみが常駐することになった[3]

隣の駅[編集]

福井鉄道
福武線
急行
越前武生駅 - 北府駅 - 家久駅
普通
越前武生駅 - 北府駅 - スポーツ公園駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]