北川冬彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きたがわ ふゆひこ
北川 冬彦
北川 冬彦
北川冬彦(1941年)
本名 田畔忠彦 たぐろ ただひこ
生年月日 1900年6月3日
没年月日 1990年4月12日(満89歳没)
出生地 日本の旗 日本 滋賀県
職業 詩人映画評論家
ジャンル 映画
主な作品

著作
『戦争』
『氾濫』
『散文映画論』

北川 冬彦(きたがわ ふゆひこ、1900年明治33年)6月3日 - 1990年平成2年)4月12日[1])は日本の詩人であり、映画評論家としても活躍した。本名は田畔忠彦(たぐろ ただひこ)。[1]

人物・来歴[編集]

滋賀県に生まれながら、父親の仕事関係で満州で育った。[2] 東京帝国大学仏法科を卒業。[2]1924年11月、安西冬衛らと詩誌「亜」を大連で創刊。現代詩、特に新散文詩を標榜し、1925年詩集「三半規管喪失」を出版し、横光利一に評価される。[2]1928年詩雑誌「詩と詩論」創刊に参加し、1929年詩集「戦争」で脚光を浴びる。[1]

詩を発表しながら、積極的に映画評論を書き続けた。伊藤大輔が代表する「韻文映画」に対して、「散文映画」を提唱し、その旗手として伊丹万作を高く評価した。シナリオ文学の独自性をも標榜した。

戦後、詩、映画ともに対してネオリアリズムを標榜し、第2次「時間」を主宰していた。[1]晩年は立川市に住まいを構え、現代詩の改革を続けた。[2]

著書[編集]

  • 北方 蒲田書房、1935 
  • 詩人の行方 第一芸文社、1936 
  • 古鏡 河出書房、1940(小説集)
  • 悪夢 小説 地平社 1947
  • 詩の話 宝文館 1949-51 のち角川文庫
  • 現代詩鑑賞 有信堂 1970

詩集[編集]

  • 『三半規管喪失』(至上藝術社、1925年)
  • 『檢温器と花』(ミスマル社、1926年)
  • 『戰爭』(厚生閣書店、1929年)
  • 『氷』(蒲田書房、1933年)
  • 『いやらしい神』(蒲田書房、1936年)
  • 『實驗室』(河出書房、1941年)
  • 『蛇』(爐書房、1947年)
  • 『氾濫 長編叙事詩』(草原書房、1948年)
  • 『夜陰』(天平出版部、1948年)
  • 『花電車』(宝文館、1949年)
  • 北川冬彦詩集 宝文館 1951
  • 『馬と風景 1947-1952』(時間社、1952年)
  • 『カクテル・パーティ 詩と随筆集』(宝文館、1953年)
  • 北川冬彦詩集 1954 角川文庫
  • 現代詩 第1-3 1954-57 角川新書
  • 『しんかん 信管, 振撼, 森閑, 心肝』(時間社、1964年)
  • 『北京郊外にて』(時事通信社、1973年)
  • カラー詩と風景 山と渓谷社 1975
  • 『大蕩尽の結果』(未来工房、1977年)
  • 『北川冬彦全詩集』(沖積舎、1988年)
  • 北川冬彦詩集 鶴岡善久編 沖積舎 2000.9

映画評論[編集]

  • 『純粹映畫記』(第一藝文社、1936年)
  • 『シナリオ文學論』(作品社、1938年)
  • 『散文映畫論』(作品社、1940年)
  • 『現代映畫論』(三笠書房、1941年)
  • 『映画への誘い』(温故堂出版部、1952年)
  • シナリオの魅力 社会思想研究会出版部 1953 現代教養文庫

共編著[編集]

  • 培養土 麺麭詩集 編 山雅房、1941 
  • 昆侖詩文集 編 昆侖社、1941 
  • 世界映画の鑑賞 岩崎昶共編 双竜社 1951
  • 新しい世代の詩 その作り方と解説・批評 桜井勝美共著 宝文館 1954

翻訳[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d 北川冬彦、デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ a b c d 北川冬彦、歴史が眠る多磨霊園