北京政変

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北京政変(ぺきんせいへん)は、第二次奉直戦争の最中に1924年10月23日直隷派軍閥馮玉祥によって中華民国首都北京で起こされたクーデターである。首都革命ともよばれる。

北京政変[編集]

1924年9月、第二次奉直戦争が起き、馮玉祥は「討逆軍」第三軍総司令に任命され、熱河方面の奉天軍を迎え撃つために古北口[1]に進出したが、そこに兵を止め、進軍しなかった。10月23日、馮玉祥は部隊を率いて北京に帰還し、総統府を包囲し、直隷派によって掌握されている北京政府に停戦と呉佩孚の職務の解除を命令するよう迫り、総統曹錕を監禁し、「国民軍」の成立を宣言した。政変後、馮玉祥は帝号を廃し旧・清朝皇室(愛新覚羅溥儀)を紫禁城から追い出した。

また、孫文の北上を求め、奉天派と協議し段祺瑞を北京に迎え入れ中華民国執政にした。孫文は北京に入った後1925年3月12日に病没した。この頃段祺瑞は善後会議を主宰し続け、会議の後に臨時参政院を成立させ、国会の機能を行使させた。

付記 南口大戦[編集]

1925年末に馮玉祥は反奉戦争に加わって、1926年4月9日に再びクーデターを起こし段祺瑞を追放したが、すぐに奉天派に攻撃され敗北し、4月15日に北京から西方郊外の昌平南口鎮[2]に撤退し、1926年5月18日奉天派の張作霖と直隷派の吳佩孚が連合して南口に侵攻した。馮の率いる国民軍は南口を3か月にわたって守り抜き、8月15日包頭五原方面に撤退した。

この戦役は、北京付近に奉直両派の主力を引き付け、北京南方の守備を手薄にし、国民革命軍北伐の強力な後押しとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 現在の北京市の東北部で直轄県の一つである密雲県の一部。
  2. ^ 現在の北京市昌平区の南口地区、綏遠方面に抜ける交通の要衝で守るに易く攻めるのが難しい地勢である。

関連項目[編集]