北京天文台CCD小惑星観測プログラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北京天文台CCD小惑星観測プログラム(BAO Schmidt CCD Asteroid Program または Beijing Schmidt CCD Asteroid Program)は1995年5月に中国科学院の資金援助で北京天文台が組織した地球近傍天体地球近傍小惑星彗星)の探査プログラムである。北京天文台の興隆(Xinglong)観測所の60/90 cmのシュミット望遠鏡に2048x2048の解像度のCCDカメラを設置して行われた。

1995年から1999年の間に、1個の彗星と2460個の新しい小惑星を検出し、43860個の小惑星を観測した。5個の地球近傍小惑星を発見し、そのうちの2個はPHA(潜在的な危険性がある小惑星:potentially hazardous asteroids)であった。

BSCAPで発見された特筆すべき小惑星[編集]

名前 仮符号 発見日 特記事項
北京大学 1996 CB8 1996年2月3日 北京大学から命名された。
中科院 1996 EW2 1996年3月11日 中国科学院から命名された。
13651 1997 BR 1997年1月20日 BSCAPが発見した最初のPHA
29552 Chern 1998 CS2 1998年2月15日 数学者の陳省身から命名された
31065 Beishizhang 1996 TZ13 1996年10月10日 生物学者の貝時璋から命名された
1998 CS1 1998年2月9日 PHA
朱-ベーラム彗星 C/1997 L1 1997年6月3日 BCAPのリーダー朱進の名から命名、ヴィクトリア大学のDave Balamが共同発見者

外部リンク[編集]