北京国際マラソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北京現代北京マラソン(ぺきん-)は、毎年10月北京で開催され、中国陸上競技連盟が主催し、北京体育局および北京市当局が公認するマラソンの国際大会である。国際陸上競技連盟のゴールドラベルロードレース。

概要[編集]

10月の北京は気候がよく、例年レース中の平均気温は11~18度程度であり、またコースも比較的平坦なので、高速タイムが出やすいマラソンコースといわれている。男子の大会記録は、1986年大会で日本児玉泰介と、1988年大会でエチオピアアベベ・メコネンがそれぞれ出した2時間7分35秒。また女子の大会記録は、2003年大会で中国孫英傑が出した2時間19分39秒。

コースは、天安門広場をスタートとして、選手達は北京市内を巡ったあと、国家オリンピックスポーツセンターのゴールに飛び込む。また、男女の選手達は、時間差を設けた上で、同じコースを同時にレースする。北京の道路は道幅が広いため、細い道路に慣れた選手には、景色の動きが遅く、自分が遅く走っているように思えるという。

また、女子のレースは1989年第9回大会から始まったが、2002年第22回大会から2005年第25回大会まで、マラソン世界歴代第5位の記録を持つ中国の孫英傑がこの大会4連覇を達成している。2005年大会の翌日、南京で行われた全国運動会の10000mで、孫はドーピングで失格し、その後のレースは出場停止とされたが、全国運動会のマラソンを兼ねた北京国際マラソンのドーピング検査は合格で、優勝も取り消されていない。

また、2005年第25回大会では、先頭を独走していたケニアベンソン・チェロノ(男子)の前にいた中継車が、ゴール直前にコース通りに走らず、選手の誘導もうまく行われなかったため、チェロノがコースのおよそ800m分をショートカットしてしまった。結局チェロノと後続の選手とのタイム差と、選手本人にはなんら責任がなかったことを考慮して、チェロノの優勝は有効とされ、800メートル分の所要時間を計算して参考記録が発表されたが、国際的なルールに照らせば失格であり、運営方法にも決定にも問題があると批判をあびた。

2012年第32回大会は中国共産党第十八次全国代表大会の影響などから11月25日に開催されるとともに、申し込み受付開始直後は日本人の登録を認めていなかったが[1]、抗議を受けたため数日後には日本人の参加受付を行うというハプニングもあった[2]

歴代優勝者[編集]

太数字は(当時の)大会記録。

男子優勝者 タイム 女子優勝者 タイム
1 1981  シェル・エリクスタール (SWE) 2:15:20    
2 1982  李宗亨 (PRK) 2:14:44    
3 1983  ロン・タブ (USA) 2:18:51    
4 1984  喜多秀喜 (JPN) 神戸製鋼 2:12:16    
5 1985  宗茂 (JPN) 旭化成 2:10:23    
6 1986  児玉泰介 (JPN) 旭化成 2:07:35    
7 1987  ジュマ・イカンガー (TAN) 2:12:19    
8 1988  アベベ・メコネン (ETH) 2:07:35    
9 1989  ペテル・ダール (DEN) 2:12:47  ムン・ギョンエ (PRK) 2:27:16
10 1990  ペテル・ダール (DEN) -2- 2:14:55  黎葉梅 (CHN) 2:32:14
11 1991  ネガシュ・デュベ (ETH) 2:12:55  デボラ・ノイ (GBR) 2:35:18
12 1992  泉宜広 (JPN)ダイエー 2:11:29  謝麗華 (CHN) 2:28:53
13 1993  胡剛軍 (CHN) 2:10:57  黎葉梅 (CHN) -2- 2:30:36
14 1994  胡剛軍 (CHN) -2- 2:10:56  王軍霞 (CHN) 2:31:11
15 1995  孟憲輝 (CHN) 2:16:22  任秀娟 (CHN) 2:30:00
16 1996  ネルソン・ヌデレバ (KEN) 2:10:37  任秀娟 (CHN) -2- 2:27:13
17 1997  胡剛軍 (CHN) -3- 2:09:18  藩金紅 (CHN) 2:26:39
18 1998  金中元 (PRK) 2:13:49  王艶栄 (CHN) 2:28:50
19 1999  鈴木賢一 (JPN) 富士通 2:11:33  艾冬梅 (CHN) 2:29:20
20 2000  ネルソン・ヌデレバ (KEN) -2- 2:13:52  魏亜南 (CHN) 2:26:34
21 2001  宮科 (CHN) 2:10:11  劉敏 (CHN) 2:23:37
22 2002  李柱宏 (CHN) 2:13:09  孫英傑 (CHN) 2:21:21
23 2003  イアン・シスター (ZAF) 2:07:49  孫英傑 (CHN) -2- 2:19:39
24 2004  ジェームス・モイベン (KEN) 2:10:42  孫英傑 (CHN) -3- 2:24:11
25 2005  ベンソン・チェロノ (KEN) 2:09:15※  孫英傑 (CHN) -4- 2:21:01
26 2006  ジェームス・キプサング (KEN) 2:10:36  孫偉偉 (CHN) 2:34:41
27 2007  ネファト・キニャンジュ (KEN) 2:08:09  陳栄 (CHN) 2:27:50
28 2008  ベンジャミン・キプト (KEN) 2:10:14  白雪 (CHN) 2:26:47
29 2009  サムエル・ムツリ (KEN) 2:08:20  白雪 (CHN) -2- 2:34:44
30 2010  シラジ・ゲナ (ETH) 2:15:45  王佳麗 (CHN) 2:29:31
31 2011  キプロプ・キプコリル (KEN) 2:09:00  魏小傑 (CHN) 2:28:05
32 2012  タリク・ジュファー (ETH) 2:09:39  賈超風 (CHN) 2:27:40
33 2013  タデッセ・トラ (ETH) 2:07:16  張瑩瑩 (CHN) 2:31:19
34 2014  ギルマイ・ビルハヌ (ETH) 2:10:42  ファツマ・サド (ETH) 2:30:03
  • ※印:前述の通り参考記録扱い(実際のゴールタイムは2:06:55)

出典[編集]

外部リンク[編集]