北京オリンピックにおける射撃競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

北京オリンピックにおける射撃競技は、2008年8月9日から8月17日にかけて、北京射撃館と北京射撃館クレー射撃場で実施された。

概要[編集]

アテネオリンピックで実施されたクレー射撃の男子10mランニングターゲットと女子ダブルトラップは今大会実施されない。このため、アテネオリンピックから2種目減の男子9種目、女子6種目の計15種目となった。

実施種目[編集]

クレー射撃男子スキートの表彰式

ライフル射撃[編集]

  • 男子25mラピッドファイアーピストル
  • 男子50mピストル
  • 男子10mエアピストル
  • 男子50mライフル3姿勢
  • 男子50mライフル伏射
  • 男子10mエアライフル
  • 女子25mピストル
  • 女子10mエアピストル
  • 女子50mライフル3姿勢
  • 女子10mエアライフル

クレー射撃[編集]

  • 男子トラップ
  • 男子スキート
  • 男子ダブルトラップ
  • 女子トラップ
  • 女子スキート

競技結果[編集]

ライフル射撃[編集]

男子[編集]

種目
25mラピッドファイアーピストル ウクライナ アレクサンドル・ペトリフ
ウクライナ (UKR)
780.2点
五輪新
ドイツ ラルフ・シューマン
ドイツ (GER)
779.5点 ドイツ クリスチャン・ライツ
ドイツ (GER)
779.3点
50mピストル[1] 韓国 秦鍾午
韓国 (KOR)
660.4点 中国 譚宗亮
中国 (CHN)
659.5点 ロシア ウラジーミル・イサコフ
ロシア (RUS)
658.9点
10mエアピストル[2] 中国 龐偉
中国 (CHN)
688.2点 韓国 秦鍾午
韓国 (KOR)
684.5点 アメリカ合衆国 ジェーソン・ターナー
アメリカ合衆国 (USA)
682.0点
50mライフル3姿勢 中国 邱健
中国 (CHN)
1272.5点 ウクライナ ユーリー・スホルコフ
ウクライナ (UKR)
1272.4点 スロベニア ライモンド・デベベッチ
スロベニア (SLO)
1271.7点
50mライフル伏射 ウクライナ アルツール・アイワジアン
ウクライナ (UKR)
702.7点 アメリカ合衆国 マシュー・エモンズ
アメリカ合衆国 (USA)
701.7点 オーストラリア ウォーレン・ポテント
オーストラリア (AUS)
700.5点
10mエアライフル インド アビナブ・ビンドラ
インド (IND)
700.5点 中国 朱啓南
中国 (CHN)
699.7点 フィンランド ヘンリ・ハッキネン
フィンランド (FIN)
699.4点

女子[編集]

種目
25mピストル 中国 陳穎
中国 (CHN)
793.4点
五輪新
モンゴル グンデグマ・オトリャド
モンゴル (MGL)
792.2点 ドイツ ムンクバイヤー・ドリスレン
ドイツ (GER)
789.2点
10mエアピストル 中国 郭文珺
中国 (CHN)
492.3点
五輪新
ロシア ナタリア・パデリナ
ロシア (RUS)
489.1点 グルジア ニーノ・サルクワゼ
グルジア (GEO)
487.4点
50mライフル3姿勢 中国 杜麗
中国 (CHN)
690.3点
五輪新
チェコ カテリナ・エモンシュ
チェコ (CZE)
687.7点 キューバ エグリス・ヤイマ・クルス
キューバ (CUB)
687.6点
10mエアライフル チェコ カテリナ・エモンシュ
チェコ (CZE)
503.5点
五輪新
ロシア リューボフ・ガルキナ
ロシア (RUS)
502.1点 クロアチア スニェヤナ・ペイチッチ
クロアチア (CRO)
500.9点

クレー射撃[編集]

同点の場合シューティングオフにより順位を決定

種目
男子トラップ チェコ ダビド・コステレツキー
チェコ (CZE)
146点
五輪新
イタリア ジョバンニ・ペリエロ
イタリア (ITA)
143点 ロシア アレクセイ・アリポフ
ロシア (RUS)
142点
男子スキート アメリカ合衆国 ビンセント・ハンコック
アメリカ合衆国 (USA)
145点
五輪新
ノルウェー トーレ・ブロボル
ノルウェー (NOR)
145点 フランス アントニー・テラス
フランス (FRA)
144点
男子ダブルトラップ アメリカ合衆国 ウォルトン・エラー
アメリカ合衆国 (USA)
190点
五輪新
イタリア フランチェスコ・ダニエロ
イタリア (ITA)
187点 中国 胡斌淵
中国 (CHN)
184点
女子トラップ フィンランド サトゥ・マケラ=ヌンメラ
フィンランド (FIN)
91点
五輪新
スロバキア ズザナ・ステフェツェコバ
スロバキア (SVK)
89点 アメリカ合衆国 コーリー・コグデル
アメリカ合衆国 (USA)
86点
女子スキート イタリア キアラ・カイネロ
イタリア (ITA)
93点
五輪新
アメリカ合衆国 キム・ロード
アメリカ合衆国 (USA)
93点 ドイツ クリスティン・ブリンカー
ドイツ (GER)
93点

各国メダル数[編集]

国・地域
1 中国 中国 (CHN) 5 2 1 8
2 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 (USA) 2 2 2 6
3 チェコ チェコ (CZE) 2 1 0 3
ウクライナ ウクライナ (UKR) 2 1 0 3
5 イタリア イタリア (ITA) 1 2 0 3
6 韓国 韓国 (KOR) 1 1 0 2
7 フィンランド フィンランド (FIN) 1 0 1 2
8 インド インド (IND) 1 0 0 1
9 ロシア ロシア (RUS) 0 2 2 4
10 ドイツ ドイツ (GER) 0 1 3 4
11 モンゴル モンゴル (MGL) 0 1 0 1
ノルウェー ノルウェー (NOR) 0 1 0 1
スロバキア スロバキア (SVK) 0 1 0 1
14 オーストラリア オーストラリア (AUS) 0 0 1 1
クロアチア クロアチア (CRO) 0 0 1 1
キューバ キューバ (CUB) 0 0 1 1
フランス フランス (FRA) 0 0 1 1
グルジア グルジア (GEO) 0 0 1 1
スロベニア スロベニア (SLO) 0 0 1 1
15 15 15 45

脚注[編集]

  1. ^ 当初はキム・ジョンス北朝鮮)が660.2点で銀メダルだったが、ドーピング検査で禁止薬物が検出されたため失格。メダルが剥奪されて、譚宗亮以下が繰り上がった。
  2. ^ 当初はキム・ジョンス(北朝鮮)が683.0点で銅メダルだったが、ドーピング検査で禁止薬物が検出されたため失格。メダルが剥奪されて、ジェーソン・ターナー以下が繰り上がった。

外部リンク[編集]