北ソト語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北ソト語
Sesotho sa Leboa
話される国 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
地域 ハウテン州
リンポポ州
ムプマランガ州
母語話者数 4,208,940
言語系統
公的地位
公用語 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
統制機関 汎南アフリカ言語委員会PanSALB
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 nso
ISO 639-3 nso
テンプレートを表示

北ソト語(きたソトご、北ソト語: Sesotho sa Leboa、英語: Northern Sotho language)は、南アフリカ共和国公用語の一つである。2001年の国勢調査データによると、話者は4,208,980人で、南アフリカ共和国のハウテン州リンポポ州ムプマランガ州で話されている。

分類[編集]

北ソト語はバントゥー語系の言語で、ソト語(南ソト語)とツワナ語とは近い関係にある。

言語名[編集]

  • ペディ語は北ソト語の方言であり、北ソト語全体を指して「ペディ語」と呼ぶのは誤りである。
  • セソト サ レボア語 ?(Sesotho sa Leboa)

外部リンク[編集]

ソフトウェア[編集]