化学的防除

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

化学的防除(かがくてきぼうじょ)は、生物の害を防ぐため、化学薬剤を使用して防除を行うことである。殺虫剤殺鼠剤などの駆除剤、忌避剤、誘引剤を組み合わせて使用する。

駆除剤使用[編集]

駆除剤の有効成分を生物に摂取させるには、次の方法がある。

使用方法

  • 即効性の油剤・乳剤を散布する。
    • エアゾール
    • 煙霧機
    • ミスト処理機
    • Ultra Low Volume 法 :専用の濃厚乳剤をごく少量、1~20マイクロメートルに微粒子化して散布するもの。
  • 即効性の燻煙剤を使用する。(蚊取線香バルサン
  • 残留性の油剤・乳剤・粉剤を噴霧器で散布する。
  • 顆粒剤・毒餌を散布。
  • 有効成分を徐々に放散する蒸散剤を密閉空間に設置する。倉庫箪笥浄化槽の気層部分などで用いられる。
  • 水中に徐々に有効成分を放出する顆粒剤を投入する。

安全対策

  • 毒性・引火性・拡散性・残留性などの薬剤の特性を理解する。
  • 毒餌を使用する場合は、子供などの誤食を防ぐ。
  • 食品食器・子供の玩具など付着しては困るものを片付ける。
  • エアゾール・油剤などの引火性の薬剤を使用する場合、消火器・水などを用意しておく。
  • 防護具を着用し、皮膚の露出を少なくする。
  • 散布を行う場合は風上から行う。
  • 事故がおきた場合、直ちに受傷者を現場から移動させ、薬剤の付着した衣服を脱がせて、応急措置を行う。

忌避剤使用[編集]

誘引剤使用[編集]

問題点[編集]

関連項目[編集]