化学合成 (生命科学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生命科学における化学合成(かがくごうせい)は、主として無機化合物の酸化により生じる化学エネルギーを使って行う炭酸同化のこと。エネルギーを使う光合成と並ぶもので、亜硝酸菌硝酸菌硫酸還元菌硫黄細菌水素細菌鉄細菌一酸化炭素細菌水素酸化菌硫黄酸化菌メタン菌などに見られる。これらの細菌古細菌はいずれも独立栄養が可能であるが、同時に従属栄養を行えるものもある。化学合成は無機質(あるいはメタンなどの特殊な有機化合物)の酸化反応のエネルギーが電子伝達系を介してATPにかえられ、炭酸同化に利用される。