化け狸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

化け狸(ばけだぬき)は、日本古典や各地の民話伝説に見られるタヌキ妖怪

概要[編集]

本来のタヌキは実在の哺乳類だが、文献類では古くから怪しい動物として記述されている。最古のものとしては奈良時代の『日本書紀』の推古天皇のくだりに「春二月陸奥有狢[注 1]。化人以歌(『春2月、陸奥国に狢あり。人となりて歌をうたう』の意[注 2])」と記述があり[1][2]、次いで『日本現報善悪霊異記[3][4]』『宇治拾遺物語[1]』などの古典にも記述がある。日本各地にも、キツネと同様に他のものに化ける[4][1]、人を化かす[4][1]、人に憑くなどの能力を持つものとしての話が残されている[1][5]

新潟県佐渡島四国にはタヌキの伝説が多く、中でも佐渡の団三郎狸阿波国徳島県)の金長や六右衛門香川県屋島の禿狸のように、特別な能力を持つタヌキたちには名前がつけられ、祭祀の対象にもなっている。これらの土地以外でも、タヌキが名物として扱われているケースが少なくない[6]

本来「狸」という字は、中国ではヤマネコを中核とするネコのような中型哺乳類の漠然たる総称であり、この字が日本に輸入されると、日本にはヤマネコに相当する動物がいないため、当時の知識人によりタヌキ、野良猫、イノシシアナグマイタチムササビといった動物が狸に当てはめられたと見られている[3][4]

また、日本のタヌキは古来から森羅万象を司るものとして神格化されていたが、仏教伝来後は、神の使いとされるもの(キツネやヘビなど)以外の動物は神格を失い、特別な能力を持つ獣というイメージだけが残されたため、悪しき者または妖怪とみなされ、中でも代表格といえるタヌキが、神秘的で恐ろしい中国の狸(ヤマネコ)のイメージと重なったとする見方もある[4]。しかし日本のタヌキはヤマネコのような恐ろしげな印象はないため、中国とは異なるユーモラスな化け物としてのイメージが形成されたようで[4]、民話においても『かちかち山』『文福茶釜』など、間抜けな動物を演じることが多い[7]

化ける動物の代表格といえるキツネと比較すると「狐七化け、狸八化け」といって、タヌキのほうが化け方が上といわれているが、キツネは人を誘惑するために化けるのに対し、タヌキは人をバカにするために化けるのであり、化けること自体が好きだからという説がある[4]

日本各地の化け狸[編集]

化け狸の話は、日本各地に伝わっている。中でも四国には狸に関する話が多く伝承されており、怪異といえば原因はたいていタヌキの仕業である。全国的には八百八匹の眷属を従えていたとされている隠神刑部などが知られる。

日本三名狸
団三郎狸新潟県佐渡島)・芝右衛門狸兵庫県淡路島)・屋島の禿狸(太三郎狸)(香川県屋島
文福茶釜
群馬県館林市茂林寺の伝説として語り継がれている昔話のひとつ。タヌキが守鶴という僧に化けて七代寺を守り、汲んでも尽きないを沸かしたとされている。鳥山石燕は『今昔百鬼拾遺』の「茂林寺の釜」において、文福というネーミングは、「文武火」のことであり、文火は緩火、武火は強火を意味するとしている。
ソウコタヌキ(宗固狸)
茨城県飯沼弘教寺に墓がある。寺の僧に化けていたが、ある日昼寝をして正体を現した。しかし、長く仕えたというのでその後も給仕をさせていたと伝えられている[4]
タヌキバヤシ
江戸では、番町七不思議のひとつで、深夜にどこからともなく太鼓の音が聞こえてくるものを「タヌキバヤシ」といった。童謡『証城寺の狸囃子』は證誠寺に伝わる伝説を元に作られた。
袋下げ(ふくろさげ)
長野県北安曇郡大町(現・大町市)。タヌキが高い木に登り、通行人目がけて白い袋をぶら下げたという[8]
竹伐狸
京都府南桑田郡保津村大年(現・亀岡市)。山の竹藪の中に棲んでおり、を切る音を立てて人を化かす古狸。
負われ坂(おわれざか)
大阪府南河内郡。夜にある坂を通ると「おわれよか、おわれよか」という声がするので、気丈な男が「負うたろか負うたろか」と言うと、松の株太が乗りかかった。家に帰ってナタで割ろうとすると、古狸が正体を顕わして詫びたという[9]
重箱婆(じゅうばこばば)
熊本県玉名郡宮崎県日向市。古狸が重箱を手に持った老女に化けて現れたという。熊本ではさらに重箱婆が「重箱婆じゃ、ご馳走はいらんかえ」と言いながら、人に石のようなものを担がせるという[10][11]
風狸
画図百鬼夜行』、『和漢三才図会』、『本草綱目』などには「風狸」というものが見え、「風によりて巌をかけり、木にのぼり、そのはやき事飛鳥の如し」とある。ある草を狙いすまして鳥に当て、これを餌とするともいう。
赤殿中(あかでんちゅう)
徳島県板野郡堀江村(現・鳴門市)。夜中、タヌキが赤いでんちゅう(袖のない半纏)を着た子どもに化けて背負うことをしつこくねだる。仕方なく背負うといかにも嬉しそうな様子で、その人の肩を叩くという[12]
傘差し狸(かささしたぬき)
徳島県三好郡池田町(現・三好市)。雨の降る夕方など、をさした人に化けて通行人を招く。傘を持ち合わせない人がうっかり傘に入れてもらうと、とんでもない所に連れていかれるという[12]
首吊り狸(くびつりたぬき)
徳島県三好郡箸蔵村湯谷(現・三好市)。人を誘い出して首を吊らせるという[12]
小僧狸(こぞうたぬき)
徳島県麻植郡学島村(現・吉野川市)。小僧に化けて夜道を行く人を通せんぼし、怒った相手が突き飛ばしたり刀で斬ったりすると、そのたびに数が倍々に増えて一晩中人を化かすという[12]
坊主狸(ぼうずたぬき)
徳島県美馬郡半田町(現・つるぎ町)。坊主橋という橋を人が通ると、気づかぬ間に坊主頭にしてしまうという[12]
白徳利(しろどっくり)
徳島県鳴門市撫養町小桑島字日向谷。狸が白徳利に化け、人が拾おうとしてもころころ転がって捕まえることができないという[12]
兎狸(うさぎたぬき)
徳島県吉野川沿いの高岡という小さな丘で、ウサギに化けてわざとゆっくりと走り、それを見つけた人は格好の獲物と思って追いかけた挙句、高岡を何度も走り回る羽目になったという[12]
打綿狸(うちわただのき)
香川県。普段は綿のかたまりに姿を変えて路傍に転がっているが、人が拾おうとして手を伸ばすと動き出し、天に上ってしまう[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 日野 1926, p. 106より引用。
  2. ^ 訳文は村上他 2008, p. 13より引用。なお文中の「狢」は、ここではムジナではなくタヌキのことを指す。
出典
  1. ^ a b c d e 日野 1926, pp. 105-139
  2. ^ 村上他 2008, p. 15.
  3. ^ a b 中村 1990, pp. 209-212
  4. ^ a b c d e f g h 多田 1990, pp. 235-240
  5. ^ 佐野他 1980, p. 184
  6. ^ 宮沢光顕 『狸の話』 有峰書店、1978年、226-230頁。NCID BN06167332
  7. ^ 中村 1990, p. 35.
  8. ^ 大藤時彦他 『綜合日本民俗語彙』第3巻、民俗学研究所編、柳田國男監修、平凡社1955年、1354頁。NCID BN05729787
  9. ^ 大藤時彦他 『綜合日本民俗語彙』第1巻、民俗学研究所編、柳田國男監修、平凡社1955年、308頁。NCID BN05729787
  10. ^ 能田太郎「玉名郡昔話 (3)」、『昔話研究』1巻4号、三元社、1935年8月、 25頁、 NCID AN00407060
  11. ^ 加藤恵「県別日本妖怪事典」、『歴史読本』第34巻第24号(通巻515号)、新人物往来社、1989年12月、 331頁、 NCID AN00133555
  12. ^ a b c d e f g 笠井 1927, pp. 261-263
  13. ^ 三宅周一「妖怪語彙」、『民間伝承』4巻11号、民間伝承の会、1939年8月、 2頁、 NCID AN00236605

参考文献[編集]

外部リンク[編集]