包接水和物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

包接水和物(ほうせつすいわぶつ、: clathrate hydrate)はハイドレートとも呼ばれ、水素結合による分子のかご状構造の中に他の物質の分子が入り込んだものである。

水・ガス・低温・高圧の四つの条件がそろうと生成する。メタン二酸化炭素などの気体分子を取り込んだものをガスハイドレートと呼び、特にメタンハイドレートはよく知られる。

ハイドレート結晶構造[編集]

ハイドレートは構造 I構造 II構造Hの3種の構造をとることがわかっている。構造 I をとる物質はメタン・二酸化炭素などであり、構造 II をとる物質は窒素などである。構造 H は特殊な条件下で生成される。

構造 I
構造 I は正5角形12面からなる立体 5^{12} と正5角形12面と正6角形2面からなる立体 5^{12}6^2 で構成される結晶構造である。
構造 II
構造 II は正5角形12面からなる立体 5^{12} と正5角形12面と正6角形4面からなる立体 5^{12}6^4 で構成される結晶構造である。

関連項目[編集]