勤労権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

勤労権(きんろうけん)とは、全ての日本国民に保障されている働く権利。(日本国憲法第27条)の事である。

概要[編集]

基本的人権の一つで,別名:労働権。日本国憲法 27条1項は「すべて国民は,勤労の権利を有し,義務を負ふ」と定めている。一般に,国民が自由な労働の機会を得ようとすることに対し,国が必要な措置をとるべきであるとする政治上の責務を宣言したもので,法的な義務を定めたものではないと解されている。
労働者は職に就いて賃金の得なければ生活することが出来ない。そこで、日本国憲法第27条は国民には勤労の権利(労働権)があることを明確にした。国は労働者の雇用が保障されるような措置をとらなければならず、職業紹介などをすすめることになる。
企業は労働者をみだりに解雇しては行けないと決まり、憲法27条はその抜本的根拠。憲法27条2項では、各企業における労働者の労働条件は法律の基準を下回ってならないとし、その基準が労働基準法などで定められている。