勝川春好 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
勝川春扇から転送)
移動: 案内検索

二代目 勝川春好(にだいめ かつかわ しゅんこう、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

勝川春英の門人。姓は不詳、俗称は清次郎。画姓に勝川を称し、可笑斎、登竜斎と号す。初めは堤等琳に学び秋琳と号したが、後に春英の門下となり、文化3年(1806年)の正月以降は春扇(しゅんせん)と名乗った。文化から文政のころにかけて美人画、役者絵の他、風景画を描く。文政3年(1820年)の頃から二代目春好を名乗る。晩年は芝神明町に移転し、陶器のために絵筆をとったといわれる。

作品[編集]

  • 「汐汲み」 錦絵 東京国立博物館所蔵
  • 「美人ひいき画合・八百茂ひいき」 大判錦絵 東京国立博物館所蔵
  • 「菖蒲美人図」 紙本着色 奈良県立美術館所蔵
  • 「吉原風景図屏風」 絹本着色 二曲一双

参考文献[編集]

  • 藤懸静也 『増訂浮世絵』 雄山閣 1946年 ※近代デジタルライブラリーに本文あり。140頁、106コマ目。
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年

関連項目[編集]