動物形象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケルズの書』から動物形象の装飾
クロウフットのバスタブ

動物形象(どうぶつけいしょう、または獣形神観Zoomorphism)とは、以下のことを言う。

  • 人間を動物として思い描く芸術[1]
  • 動物のイメージまたは動物様式(Animal style)を使ってパターンを作った芸術。
  • エジプト神話に存在するような動物崇拝(Animal worship[2]
  • 動物の形への変身能力[3]
  • 動物のふるまいを述べる言い方で言葉で人間のふるまいを見る傾向。擬人観の逆。

「Zoomorphism」という語は、ギリシャ語ζωον, zōon(動物)+ μορφη, morphē(形、様式)に由来する。

動物形象の例[編集]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ Hope B. Werness, The Continuum Encyclopedia of Animal Symbolism in Art, Continuum International Publishing Group, 2004, px. ISBN 0826415253
  2. ^ Simson R Najovits, Egypt, Trunk of the Tree: A Modern Survey of an Ancient Land, Algora Publishing, 2004, p279. ISBN 0875862012
  3. ^ Gerina Dunwich, Wicca A to Z: A Modern Witch's Encyclopedia, Kensington Pub Corp, 1998, p155. ISBN 0806519304