勉強法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

勉強法(べんきょうほう)とは、試験などでよい成果を上げるための効率的な学習方略のこと。

概要[編集]

広い意味では人生のあらゆる局面は勉強であるとも言えるが、勉強法が特に問題にされるのは学校テストでよい成績を取ったり入学試験資格試験等で合格点を取るための手段としてである。教育学心理学脳科学社会学等からの応用も盛んである。

特に情報処理から発展した認知心理学はここ数十年で学習環境を大きく変えた。教育心理社会、脳科学等は動機づけ自己効力感記憶理解問題解決思考教育制度と相互関係がある。

勉強にあたって[編集]

  • 目標値設定などはっきりと具体的な目標を立てる。
  • 動機を明確にするが深く考えすぎない(価値観に関わる事柄の解決を急がない)。
  • 予習・復習、反復・継続のバランスを取る。
  • 集中力の持続を研究する。休息も勉強のうちである。
  • 健康管理も勉強のうちである(睡眠時間、食事など)。
  • ストレス学習障害についての文献に目を通し必要なら専門家に相談する。
  • 日々、勉強に取り込んでいく。

勉強のステップ[編集]

  1. 読む:勉強において教科書参考書に目を通すことは最初のステップである。
  2. 書く:ノートなどに教科書や参考書を書き写したり、まとめ直すことで内容を頭にインプットする。
  3. 問題を解く:試験で出るような問題を実際に解く。勉強においてはインプットだけではなくアウトプット訓練が重要。試験の過去問題集を入手して解くことが望ましい。
  4. 教える:他人に教えられるようにする。分かりやすく教えるためには教える内容を理解しなければならないため、必然的に理解が深まる。
  5. 問題を作る:問題を作る人の立場になってみる。問題を作る側は、解く側の理解度を問うている。
  6. 知識文章にして発表する(論文を書くなど)。

  

関連項目[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]