勅語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

勅語(ちょくご)とは、原則として天皇が口頭により発する公務上の意思表示であり、詔勅の一種である。主に明治時代から日本国憲法施行される前に出され続けた。現在では「おことば」と呼ぶことが普通である。元々は中国皇帝の意思表示を勅と呼んだことに由来する。

勅語を書面に写したものを勅語書という。勅語書に天皇の親署国務大臣副署はない。ただし、教育勅語は例外であり、書面により発し、天皇の親署がある(国務大臣の副署はない)。

大日本帝国憲法下の勅語には、帝国議会の開院式に発せられるのをはじめ、「青少年学徒ニ賜リタル勅語」など様々なものがある。

関連項目[編集]