労崇光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
労崇光

労 崇光(ろう すうこう、Lao Chongguang1802年 - 1867年)はの官僚。字は辛陔

湖南省善化出身。1832年進士となり、庶吉士に選ばれ、編修の職を授かった。1841年山西省平陽知府となった。その後、冀寧道,広西按察使と昇進していった。1849年、湖北按察使となったが、就任前に湖南省天地会李沅発の反乱が発生し、広西省に留まって防衛にあたった。

1850年、広西布政使となった。1851年太平天国の乱が発生すると、欽差大臣サイシャンア(賽尚阿)の補佐にあたり、広西巡撫に昇進した。その後、陳開李文茂ら天地会が潯州などを占拠して大成国を建てると、湖南巡撫の駱秉章から蒋益澧率いる湘軍を派遣してもらい、しばしば大成国軍を打ち破った。1859年、広東巡撫となり、両広総督を兼ねた。1861年には潯州に総攻撃をかけ、大成国を滅亡させた。

1863年雲貴総督となり、岑毓英馬如龍らとともに雲南省パンゼーの乱貴州省張秀眉率いるミャオ族の反乱に対処した。1867年、在職のまま死去。太子太保と文毅の諡号が贈られた。

出典[編集]

先代:
鄒鳴鶴
広西巡撫
1852-1859
次代:
曹樹鍾
先代:
柏貴
広東巡撫
1859
次代:
耆齢
先代:
王慶雲
両広総督
1859-1862
次代:
劉長佑
先代:
耆齢
広東巡撫
1862
次代:
黄賛湯
先代:
潘鐸
雲貴総督
1863-1867
次代:
張凱嵩