労働裁判所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

労働裁判所(ろうどうさいばんしょ、 Arbeitsgericht)は、労働事件に関する紛争を扱う特別の裁判所

概要[編集]

1926年ドイツで設けられたのが最初。第二次世界大戦後に西ヨーロッパに広まっていった。名前は労働裁判所、労働審判所、雇用審判所など様々である。形態も様々で、ドイツではそれ自体が三審制をとっている。フランスでは個別労働紛争を扱う一審が労働審判所(Conseil de prud'homme)となっている。

処理件数は、ドイツでは毎年約60万件、フランスでは毎年約20万件(日本では労働事件の受理件数は2000件程度)となっている[1]

日本には現在、このような裁判所は存在していない。しかし、2006年4月に労働審判制度が開始され、個別労働事件についての迅速な解決が期待されている。

脚注[編集]

  1. ^ 浅倉むつ子・島田陽一・盛誠吾『労働法 第3版』83頁(盛執筆部分)

関連項目[編集]