加藤沢男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加藤澤男 Gymnastics (artistic) pictogram.svg
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1946年10月11日(68歳)
生誕地 新潟県五泉市
種目 男子体操競技
学歴 新潟南高校東京教育大学
引退 1977
テンプレートを表示

加藤 澤男かとう さわお, 1946年10月11日 - )は、日本新潟県五泉市(旧中蒲原郡村松町)出身の体操コーチ。白鴎大学教授。元・筑波大学教授。元・体操選手。メキシコミュンヘンモントリオールオリンピックの体操競技に出場し8個の金メダルを含む計12個のメダルを獲得した。モントリオールオリンピックでは日本選手団主将を務めた。

経歴[編集]

新潟県立新潟南高等学校から東京教育大学(現筑波大学)に進学。大学4年生の1968年メキシコオリンピック男子体操チームのメンバーに選ばれて以来、3大会連続でオリンピックに出場。1960年 のローマ大会から1976年のモントリオール大会まで続いた男子体操チームのオリンピック団体5連覇のうち、3大会でメンバーとして出場した。 1977年に引退、筑波大学コーチに就任。

自身がオリンピックで獲得した金メダルの数は8個に及び、これは日本選手としては最多の獲得数である。特に「個人総合」のオリンピック2連覇を達成した選手は、ソビエト連邦ビクトル・チュカリンと加藤澤男の2人のみである。

後輩の塚原光男笠松茂が難易度の高いオリジナル演技を自ら開発、演技するのに比べ、加藤の演技は美しさを追求するものである。モントリオール大会における平行棒の演技では、フィニッシュの2回宙返りの最中でも、足の爪先を伸ばしたままの姿勢を維持していた。これは「体操の教科書」となる演技と言われ、このような美しさを追求した演技が、後輩の選手達にも大きな影響を与えている。

2000年シドニーオリンピック時には、選手村内の道路の1つが「サワオ・カトー・ストリート」と名付けられた。選手名の冠がつけられたのはオーストラリアの27人と、その他の国から25人。アジア勢は加藤澤男ただ1人だった。

1993年国際体操連盟の男子体操技術委員に就任。2012年12月の退任まで副委員長などを歴任しながら、採点規則の改定などに尽力する。

国内では1999年から筑波大学の教授に就任し、体操競技部の顧問を務める。2010年3月限りで筑波大を退職し、4月から白鴎大学教授に就任。2013年からは新公益財団法人としての日本体操協会評議員を務める。(評議員の任期は2017年3月末まで)

1999年5月、国際スポーツ記者協会が選んだ「20世紀を代表する25選手」に日本人ではただ1人選出された。他にはペレ(サッカー)やカール・ルイス(陸上)、ナディア・コマネチ(体操女子)などが選出されている。2001年国際体操殿堂入り。

オリンピックでの成績[編集]

  • メキシコ大会(1968年)
    • 団体総合 優勝
    • 個人総合 優勝[1]
    • 個人種目別 床運動 優勝
    • 個人種目別 つり輪 3位
  • ミュンヘン大会(1972年)
    • 団体総合 優勝
    • 個人総合 優勝
    • 個人種目別 床運動 6位
    • 個人種目別 あん馬 2位
    • 個人種目別 つり輪 4位
    • 個人種目別 跳馬  4位
    • 個人種目別 平行棒 優勝
    • 個人種目別 鉄棒  2位
  • モントリオール大会(1976年)
    • 団体総合 優勝
    • 個人総合 2位
    • 個人種目別 床運動 5位
    • 個人種目別 あん馬 5位
    • 個人種目別 つり輪 6位
    • 個人種目別 平行棒 優勝

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 最後の演技である床運動で逆転勝利したが得点表示が出るまでの5分間、主審を務めたソ連のワレンチン・ムラトフによって他の審判員に再考が求められる中、ぎりぎり0.05点差で勝利した。【114の金物語(46)】体操・男子個人総合 加藤沢男 産経ニュース 2008年5月4日

外部リンク[編集]