加藤恭平 (写真家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加藤 恭平(かとう きょうへい。1909年-1983年)とは、日本の報道写真系統の写真家栃木県に生まれる。慶應義塾大学卒業。

来歴[編集]

なお、回顧展などの加藤恭平を紹介する企画は開催されていない。

参考文献[編集]

  • 朝開暮落 加藤恭平遺作集・加藤恭平著 林忠彦編・発行 加藤松子1987年
  • 林忠彦写真全集(平凡社・1992年):ただし、「年譜」の1939年の欄に「写真家加藤恭平(のちにクロマート現像所経営)が主宰する東京光芸社に入社した」とあり、1942年の欄に「北京大使館の外郭団体として華北広報写真協会(加藤恭平、仙波巌、石津良介、大竹省二ら)を結成し北京へ渡る」とあるのみ(誤字は、「ママ」)。
  • 昭和写真・全仕事・Series3・林忠彦(朝日新聞社、1982年)・147ページ