加藤喜代美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 レスリング・フリースタイル
オリンピック
1972 ミュンヘン 52kg級
アジア大会
1970 バンコク 52kg級

加藤 喜代美(かとう きよみ、1948年3月8日 - )は、アマチュアレスリング選手。ミュンヘンオリンピックレスリングフリースタイル・52キロ級(旧フライ級)金メダリスト。北海道旭川市出身。最終学歴は専修大学卒業。

略歴[編集]

北海道旭川商業高等学校から専修大学を経て、三信電気に入社。全日本選手権で196871年と4連覇を達成したが、1971年の世界選手権では6位。翌年のミュンヘンオリンピックでの下馬評も高くなかったが、初戦で前年の世界チャンピオン、モハマド・ゴルバニ(イラン)にフォール勝ちして波に乗り、その後の試合も勝ち進んで見事金メダルを獲得。1964年東京五輪吉田義勝、1968年メキシコ五輪中田茂男に続いてこの種目三連覇を成し遂げた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 加藤喜代美 - International Wrestling Database (英語)
  • 加藤喜代美 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(英語)