加茂郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
加茂郡 (岐阜県)から転送)
移動: 案内検索

加茂郡(かもぐん)は、美濃国・岐阜県の人口50,181人、面積615.17km²、人口密度81.6人/km²。(2014年11月1日、推計人口

一番右上が東白川村、それを囲む白川町、その左側に七宗町、その右下が八百津町、その左側が川辺町、飛び地の上が富加町、下が坂祝町

以下の6町・1村を含む。

かねてから、加茂郡一体で同じ生活圏の美濃加茂市編入合併する構想があり、2003年4月1日 美濃加茂市と加茂郡の6町1村(坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村)が、「美濃加茂市・加茂郡町村合併協議会」を設置した。しかし、 2004年に合併の賛否を問う住民投票が行われた際、美濃加茂市ではこれを否決したため、同年末に合併協議会が解散、構想自体が破綻した。

沿革[編集]

  • 明治22年7月1日 町村制施行(2町53村)
    • 太田町、下米田村、伊深村、蜂屋村、古井村、山之上村 (美濃加茂市)
    • 加茂野村、今泉村、鷹巣村、市橋村、稲辺村、木野村 (加茂野村 → 美濃加茂市)
    • 川浦村、廿屋村 (三和村 → 美濃加茂市)
    • 八百津町、福地村、和知村 (八百津町)
    • 久田見村、上吉田村 (久田見村 → 八百津町)
    • 潮見村、南戸村 (潮南村 → 八百津町)
    • 西白川村、佐見村、黒川村、蘇原村 (白川町)
    • 東白川村 (東白川村)
    • 川辺村、上米田村 (川辺町)
    • 鹿塩村 (三和村 → 川辺町)
    • 麻川村 (川辺町及び七宗町)
    • 加治田村 (富加町)
    • 滝田村、羽生村、大山村、高畑村、夕田村 (富田村 → 富加町)
    • 大平賀村 (富岡村 → 富加町)
    • 肥田瀬村、鋳物師屋村、市平賀村 (富岡村 → 関市
    • 西田原村、小迫間村、稲口村、迫間村、大杉村、東田原村 (田原村 → 関市)
    • 酒倉村、深田村、大針村、黒岩村、深萱村、勝山村、取組村 (坂祝町)
    • 飯地村、河合村 (恵那市
  • 明治26年4月27日 麻川村が下麻生村と上川辺村に分割された。(2町54村)
  • 明治29年11月13日 下麻生村が町制施行して下麻生町となった。(3町53村)
  • 明治30年4月1日 (4町23村)
    • 加茂野村、今泉村、鷹巣村、市橋村、稲辺村、木野村が合併して加茂野村となった。
    • 川浦村、廿屋村、鹿塩村、上川辺村の一部が合併して三和村となった。
    • 川辺村と上川辺村の一部が合併して川辺町となった。
    • 久田見村、上吉田村が合併して久田見村となった。
    • 潮見村、南戸村が合併して潮南村となった。
    • 滝田村、羽生村、大山村、高畑村、夕田村が合併して富田村となった。
    • 大平賀村、肥田瀬村、鋳物師屋村、市平賀村が合併して富岡村となった。
    • 西田原村、小迫間村、稲口村、迫間村、大杉村、東田原村が合併して田原村となった。
    • 酒倉村、深田村、大針村、黒岩村、深萱村、勝山村、取組村が合併して坂祝村となった。
    • 河合村、恵那郡毛呂窪村、恵那郡姫栗村が合併して恵那郡笠置村となった。
  • 大正11年12月1日 古井村が町制施行して古井町となった。(5町22村)
  • 昭和23年4月1日 飯地村が恵那郡に移った。(5町21村)
  • 昭和24年10月1日 富岡村の内、旧大平賀村が富田村に、それ以外の区域が武儀郡関町に分割編入された。(5町20村)
  • 昭和25年10月15日 田原村が武儀郡関町(即日市制)に編入された。(5町19村)
  • 昭和27年8月1日 上麻生村が武儀郡から移った。(5町20村)
  • 昭和28年4月1日 西白川村が町制施行して白川町となった。(6町19村)
  • 昭和28年5月 久田見村の一部(川並集落)が上麻生村に編入された。
  • 昭和29年
  • 昭和30年
    • 1月31日 和知村が八百津町に編入された。(4町11村)
    • 2月1日 八百津町と可児郡錦津村が合併して八百津町となった。
    • 2月11日 上麻生村武儀郡神渕村が合併して七宗村となった。
    • 4月1日 (4町10村)
      • 川辺町と上米田村が合併して川辺町となった。
      • 白川町大字白山の一部を益田郡金山町に編入した。
  • 昭和31年9月30日 (3町4村)
  • 昭和43年10月1日 坂祝村が町制施行して坂祝町となった。(4町3村)
  • 昭和46年4月1日 七宗村が町制施行して七宗町となった。(5町2村)
  • 昭和49年7月1日 富加村が町制施行して富加町となった。(6町1村)
明治22年以前 明治22年7月1日 明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和34年 昭和35年 - 昭和64年 平成1年 - 現在 現在
東田原村 明治30年4月1日
田原村
昭和25年10月15日
武儀郡
関町に編入
同日市制
関市 関市 関市
西田原村
小迫間村
迫間村
稲口村
大杉村
肥田瀬村 明治30年4月1日
富岡村
昭和24年10月1日
武儀郡
関町に編入
鋳物師屋村
市平賀村
大平賀村 昭和24年10月1日
富田村に編入
昭和29年7月1日
富加村
昭和49年7月1日
町制
富加町 富加町
滝田村 明治30年4月1日
富田村
富田村
羽生村
大山村
高畑村
夕田村
加治田村 加治田村 加治田村
酒倉村 明治30年4月1日
坂祝村
坂祝村 昭和43年10月1日
町制
坂祝町 坂祝町
深田村
大針村
黒岩村
深萱村
勝山村
取組村
太田町 太田町 昭和29年4月1日
美濃加茂市
美濃加茂市 美濃加茂市 美濃加茂市
古井村 大正11年12月1日
町制
下米田村 下米田村
伊深村 伊深村
蜂屋村 蜂屋村
山之上村 山之上村
加茂野村 明治30年4月1日
加茂野村
今泉村
鷹巣村
市橋村
稲辺村
木野村
川浦村 川浦村 明治30年4月1日
三和村
廿屋村 廿屋村
鹿塩村 鹿塩村 昭和29年4月1日
川辺町に編入
昭和30年4月1日
川辺町
川辺町 川辺町 川辺町
麻川村の一部(1/2)
上川辺地区
明治26年4月27日
分立
上川辺村
明治30年4月1日
川辺町
川辺町
川辺村 川辺村
上米田村 上米田村 上米田村
麻川村の一部(2/2)
下麻生地区
明治26年4月27日
分立
下麻生村
明治29年11月13日
町制
下麻生町 昭和31年9月30日
川辺町に編入
昭和31年9月30日
七宗村に編入
昭和46年4月1日
町制
七宗町
七宗町 七宗町
武儀郡
神渕村
武儀郡
神渕村
武儀郡
神渕村
昭和30年2月11日
七宗村
武儀郡
上麻生村
武儀郡
上麻生村
昭和27年8月1日
加茂郡へ
上吉田村
川並集落(1/2)
明治30年4月1日
久田見村
昭和28年5月
川並集落
上麻生村に編入
上吉田村(2/2) 久田見村 昭和31年9月30日
八百津町に編入
八百津町 八百津町 八百津町
久田見村
福地村 福地村 福地村
潮見村 明治30年4月1日
潮南村
潮南村
南戸村
八百津町 八百津町 八百津町 昭和30年2月1日
八百津町
和知村 和知村 昭和30年1月31日
八百津町に編入
可児郡
錦津村
可児郡
錦津村
可児郡
錦津村
西白川村 西白川村  
昭和28年4月1日
町制改称
白川町
 
昭和30年4月1日
白川町大字白山の一部を
益田郡金山町に編入
金山町 平成16年3月1日
下呂市の一部
下呂市
昭和31年9月30日
白川町
白川町 白川町 白川町
武儀郡
坂ノ東村
武儀郡
坂ノ東村
昭和29年4月1日
白川町に編入
佐見村 佐見村 佐見村
黒川村 黒川村 黒川村
蘇原村 蘇原村 蘇原村
東白川村 東白川村 東白川村 東白川村 東白川村 東白川村
河合村 明治30年4月1日
恵那郡
笠置村の一部
恵那郡
笠置村の一部
昭和29年4月1日
恵那市の一部
恵那市の一部 平成16年10月25日
恵那市の一部
恵那市
飯地村 飯地村 昭和23年4月1日
恵那郡へ

関連項目[編集]