加地倫三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かぢ りんぞう
加地 倫三
生誕 1969年3月13日(45歳)
日本の旗 日本
出身校 上智大学卒業
職業 テレビプロデューサーディレクター演出家

加地 倫三(かぢ りんぞう、Rinzo Kaji1969年3月13日 - )[1][2]テレビ朝日編成制作局制作1部所属のゼネラルプロデューサー演出家神奈川県立港北高等学校上智大学外国語学部卒業。身長183cm[1]

現在、『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』、『ロンドンハーツ』他のプロデュース演出を担当している。

来歴[編集]

神奈川県横浜市出身。港北高での同期生に女優富田靖子がいる。1992年上智大学からテレビ朝日へ新卒入社しスポーツ局配属となる。以後4年間はスポーツ番組担当として『ワールドプロレスリング』ディレクター、『全日本大学駅伝大会』総合演出等を経験した[3]

1996年からは編成制作局に異動してバラエティ番組の制作に携わる。バラエティでのADからディレクター時代にかけては『Q99』や『ナイナイナ』を手掛け、ナインティナインと深いかかわりを持つ。その後『ナイナイナ』のプロデューサーであった板橋順二が『ロンドンハーツ』もプロデュースすることになり、板橋に引っ張られる形で『ロンハー』を担当することになった。当初、別の大型バラエティ番組と『ロンハー』とで加地のドラフトが行われたが、平城隆司(現取締役編成制作局長)が間に入り、加地本人にその選択を任せたという[4]

2003年には『アメトーーク!』を放送開始。『ロンハー』がスタッフとして呼ばれたものであるのに対し、『アメトーーク!』は自ら立ち上げを担当した最初のレギュラー番組となる[5]

近年では『ロンハー』にて出川哲朗のプロポーズや青木さやかの恋人企画などを演出、『アメトーーク!』では従来になかったマニアックな切り口を浸透させた。近年好調なテレビ朝日の旗手であり、日本のバラエティ番組をけん引する存在である、と評される[6][7][8]

2014年4月からは、『ロンハー』、『アメトーーク!』もゼネラルプロデューサーに昇格し、全番組ゼネラルプロデューサー表示となった。以前は一部番組のみ表示していた。

人物[編集]

とんねるずの大ファンであったり、関根勤のラジオ番組にも投稿をしていた元ハガキ職人でもある。テレビ東京大橋未歩アナのファンでもあり、『雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!』の「アメトーーク!とコラボレーーション」の回で「大橋アナ大好き芸人」が提案された時は「大好き」と発言している。

手法は、小学生のとき見ていた『THE MANZAI』に影響される。プロレスから「(起こっていることを的確に伝える)瞬発力、反射神経」を学んだと語り、それは演出・プロデューサーを務める『ロンドンハーツ』などのドッキリ企画で思わぬ方向に進んだときの迅速な判断、ジャッジする力に活かされているという[9]。『ロンドンハーツ』は日本PTA全国協議会が選ぶ「子供に見せたくない番組」で連続して1位になっているが、加地は「逆に個性がないと1位になれませんから。2位とか3位が1番よくないと思います」と語っている[9]。『アメトーーク!』を真似した番組が増えていることに、「流行に飛びつくばかりじゃなく、自ら考えていかないと業界が駄目になる」という危機感から苛立ちを感じると述べている[10]。テレビ朝日で脅威に感じる若手スタッフはいないが、テレビ東京佐久間宣行(『ゴッドタン』のP/Dなどを担当)は気になるという[10]。なお佐久間とは交友関係も持っており、佐久間曰く「尊敬する先輩です。お会いするとお笑いの話が沢山できるので飲みすぎてしまいます」と語っている[11]

自ら「ゼロから何かを生み出すクリエイターではない」と語る。後輩にはいつも「俺は、天才肌じゃない。秀才タイプで、ただ努力したらここまで来れた。だから、誰でも努力すればこれくらいにはなれる。ガンバレ」と言い聞かせている[12]。また、「饅頭職人タイプ」であると例え、「ちゃんとやんないと気が済まないんです。それで儲けようとか、工場を広げていっぱい売ろうとかいう気はありません。視聴率を何%取ったということよりも、「今日、おもしろかった」「元気をもらいました」とBBSで書き込まれてるほうをどちらかというとめざしている気がします。」と『ほぼ日刊イトイ新聞』の糸井重里との対談の際に述べている[13]

オリコンは加地を「加地氏の制作スタンスを見ていると現在では数少ない“昭和のテレビ屋”の香りが漂ってくる。」と評している[9]ラリー遠田は加地が『アメトーーク!』において敢えて捨て企画を放送するところを「そこが彼の本当に恐ろしいところ。プロデューサーとして突き抜けてる。」と評している[14]

遠田はさらに、これらを番組戦略と捉え、捨て企画の放送について言及。加地の著書「たくらむ技術」でのプロ野球の例えを受け、監督としての落合博満の試合戦略になぞらえている[15]。即ち、豊富な戦力で全ての試合を勝ちに行くがために逆にシーズンを落としてしまう長嶋茂雄に対し、落合はレギュラー選手以外が出場する捨て試合を挟み、息切れすることなくシーズンを勝ち取る。だが、番組制作者にとっては毎回の視聴率が命題であり、実際にこれを実行することは簡単ではないと言う。この手法は巨人に対する中日の場合と同様、限られた予算の中、出演者のギャラにメリハリを付けることの必然から生まれたものでもある。著書の中で加地はプロ野球では3勝2敗ペースなら優勝ラインであるとし、捨て企画を新たな実験とも捉え番組の先細りを防いでいるという[16]

こうした中、加地の起用により飛躍した出演者も多く、「加地の起用」=「売れる芸人」として、ヒット予測の取材も行われている[9][17]

ビジネスジャーナルはテレビ朝日による2012年度の時間帯視聴率2冠達成について取り上げ、フジテレビおよび日本テレビの低迷とテレ朝躍進の分析を行った。記事では過去の遺産を活かそうとするフジに対比させる形でテレ朝の新しい戦略を紹介し、そのキーパーソンとして、早河洋テレ朝社長とともに加地を挙げている[18]

担当番組[編集]

現在[編集]

レギュラー
特番
  • ジュニアとロンブー淳のラブ婚&ダメ婚SP!!(総合演出・ゼネラルプロデューサー)
    • 結婚できない司会者と嫁いる芸人たち
  • ホリケンふれあい旅 にんげんっていいな(総合演出・ゼネラルプロデューサー)
  • ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV(企画・監修)
  • 三村&有吉特番(演出・プロデューサー)
  • 有吉ポンコツ隊(総合演出・ゼネラルプロデューサー)

過去[編集]

レギュラー
特番

加地班[編集]

  • 山岡重樹(「ロンドンハーツ」プロデューサー、以前は「333 トリオさん」などを担当)
  • 朝倉健(「ロンドンハーツ」チーフディレクター)
  • 藤城剛(「ロンドンハーツ」ディレクター「333 トリオさん」演出・プロデューサー)
  • 安孫子みどり(「アメトーーク!」プロデューサー)
  • 小島健嗣(「ロンドンハーツ」ディレクター「アメトーーク!」PD)
  • 蔵原聖二郎(「ロンドンハーツ」ディレクター、以前は「ショナイの話」などを担当)

出演[編集]

ラジオ番組[編集]

2007年6月20日、2008年6月19日、2009年6月17日、『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』とのコラボレーションと番組宣伝の為出演

テレビ番組[編集]

他局ながら2011年2月26日のSPに出演。ナインティナイン岡村隆史と共に矢部浩之彼女のカレーを食べた。

連載[編集]

  • ロンドンハーツ・スクープスコープ(B.L.T.

著書[編集]

  • 『たくらむ技術(新潮新書)』 加地倫三、新潮社、2012年12月。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “御影歌 五回目ゲスト 加地倫三さん(RINZO KAJI)①”. 御影屋. (2005年). http://www.mikageya.com/uta/05/index.html 
  2. ^ 「注目のお笑い、今年はどうなる?「雨上がり決死隊×加地倫三 2010年は空回り宣言!『アメトーーク!』トップ会談」」、『日経エンタテインメント!』第14巻第5号、日経BP社、2010年3月、 pp.92。
  3. ^ “御影歌 五回目ゲスト 加地倫三さん(RINZO KAJI)③”. 御影屋. (2005年). http://www.mikageya.com/uta/05/index3.html 
  4. ^ “御影歌 五回目ゲスト 加地倫三さん(RINZO KAJI)④”. 御影屋. (2005年). http://www.mikageya.com/uta/05/index3.html 
  5. ^ 加地倫三 『たくらむ技術』 新潮社2012年、196頁。ISBN 978-4-10-610501-2
  6. ^ 「「次世代ヒットメーカーはどいつだ?」▽テレビクリエイター 深夜の作り手は「深く狭く」でブームを生む」、『日経エンタテインメント!』第12巻第5号、日経BP社、2008年4月、 pp.121。
  7. ^ 「アメトーーク!」、ロングヒットの秘訣 テレビ朝日の加地プロデューサーに聞く 『東洋経済オンライン』2013年3月30日
  8. ^ “バラエティ番組の“未来形”テレビ朝日の旗手・加地倫三プロデューサー激白!!”. オリコン. (2014年1月20日). http://www.oricon.co.jp/entertainment/interview/page/907/1/ 
  9. ^ a b c d “『アメトーーク!』総合演出が明かす今年ブレイクする芸人 気になるゴールデン進出についても言及”. オリコン. (2009年1月5日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/61764/full/ 
  10. ^ a b “アメトーーク!解体新書 プロデューサーを直撃!”. MSN. (2009年6月). http://feature.tv.jp.msn.com/special_ame0906/genba03.htm 
  11. ^ http://twilog.org/nobrock/date-130330
  12. ^ “御影歌 五回目ゲスト 加地倫三さん(RINZO KAJI)⑤”. 御影屋. (2005年). http://www.mikageya.com/uta/05/index5.html#talk 
  13. ^ “ゼロの仕事。「第5回 競争してきた筋肉を使って強調しろよ、と今度は言ってるんだ。」”. ほぼ日刊イトイ新聞. (2009年10月26日). http://www.1101.com/ametalk/2009-10-26.html 
  14. ^ “ラリー(おわライター)”. twitter. (2009年11月12日). http://twitter.com/owawriter/status/5655021878 
  15. ^ “ラリー遠田のニコニコキングダム 第04回【加地倫三と落合博満の共通点】”. ラリー遠田チャンネル. (2013年3月9日). http://www.nicovideo.jp/watch/1359620255 
  16. ^ 加地倫三 『たくらむ技術』 新潮社2012年、69-75頁。ISBN 978-4-10-610501-2
  17. ^ “【後編】アメトーーク!Pが明かす2012年の展望&今年のブレイク芸人予想”. オリコン. (2012年1月2日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2005392/full/ 
  18. ^ “ビジネスジャーナル/テレ朝はヒット番組量産システムで視聴率トップへ、フジは遺産頼みで3位転落?”. 株式会社サイゾー. (2013年4月9日). http://biz-journal.jp/2013/04/post_1871.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]