劉汝明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
劉汝明
Liu Ruming.jpg
プロフィール
出生: 1895年光緒21年)
死去: 1975年民国64年)4月28日
中華民国の旗 中華民国台湾
出身地: 清の旗 直隷省河間府献県
職業: 軍人
各種表記
繁体字 劉汝明
簡体字 刘汝明
拼音 Liú Rǔmíng
和名表記: りゅう じょめい
発音転記: リウ ルーミン
ラテン字 Liu Ju-ming
テンプレートを表示

劉 汝明(りゅう じょめい)は中華民国の軍人。北京政府国民軍国民政府国民革命軍)に属した。馮玉祥配下の「十三太保[1]の1人としても知られる。子亮

事跡[編集]

馮玉祥率いる第16混成旅から軍歴を開始する。国民軍が結成されると警備第1旅旅長に就任し、後に西北軍暫編陸軍第10師師長に昇進した。北伐後の1929年民国18年)、国民革命軍第5路軍総指揮兼第12軍軍長となる。1930年(民国19年)の中原大戦を経て、宋哲元率いる第29軍副軍長に任命された。

1933年(民国22年)、長城抗戦に参加し、第143師師長に任命された。1936年(民国25年)、察哈爾省政府主席を兼任した。日中戦争(抗日戦争)勃発後の1937年(民国26年)、第68軍軍長に就任したが、まもなく軍指揮権を剥奪されてしまう。

日中戦争終結後に、第4綏靖区司令官として復帰する。1948年(民国37年)に第8兵団司令官に任命された。しかし、国共内戦で劉汝明の軍は中国人民解放軍に殲滅されてしまい、劉は台湾へ逃亡した。

1975年(民国64年)4月28日、台湾で死去。享年81。

[編集]

  1. ^ 劉汝明に加え、孫良誠韓復榘石友三張維璽過之綱聞承烈佟麟閣孫連仲韓多峰程希賢葛金章趙席聘の13人を指す。

参考文献[編集]

 中華民国の旗 中華民国国民政府
先代:
張自忠
察哈爾省政府主席
1936年6月 - 1939年1月
(1938年10月より張厲生代理)
次代:
石友三