創作主題による32の変奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン創作主題による32の変奏曲(そうさくしゅだいによる32のへんそうきょく、原題(ドイツ語):32 Variationen über ein eigenes Thema)ハ短調は、1806年作曲のピアノ独奏のための作品。

作曲者36歳の中期に属する作品で、古典的な作曲法と巧みな変奏技法とが見事に一体となった変奏曲である。ベートーヴェンはハ短調には特に名作が多く、ピアノ協奏曲第3番アレキサンダー・ソナタ第5交響曲など、大作が揃っている。

作品番号はなく、死後の整理の際にWoO.80と付番されている。しかし1807年に当地の産業美術出版社から出されていることから、実験的な作品と考えていたのかと推測されている。

日本では、作品番号外にもかかわらず、調性が雄偉で、作曲者の性格・個性を象徴していると見なされることから、多くの演奏者が手がけている。ピアノ演奏技巧としては同時期の作品ヴァルトシュタイン・ソナタに類似した動機が多い。

楽曲[編集]

主題[編集]

Allegretto

右手は4分の3拍子で音階を基に半音ずつ上昇する音形。特徴あるのは左手の和声。

ハ短調主和音、ドミナントト長調主和音、下属調ヘ長調またはヘ短調の主和音、半音高いFis音をまじえた下属調和音が順番に登場し、和声進行が強調されて終わる。

シャコンヌに近い低音の扱い方で、作曲者が古典的な語法を導入する意思があらわれている。最低音はC-H-B-A-As-Gと明瞭に半音階を描いている。わずか8小節の短い主題ながら、低音の存在感が陰鬱な効果を出している。

変奏[編集]

  • 第1変奏:右手の16分音符による同音連打。32の数のとおり右手左手交互の練習も兼ねている。
  • 第2変奏:左手による第1変奏の繰り返し。
  • 第3変奏:両手の16分音符による展開。

関連楽曲[編集]

外部リンク[編集]