割賦販売

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

割賦販売(かっぷはんばい)とは、売買代金の支払いを分割して支払うことを条件とした販売方式。支払間隔に応じて週賦・旬賦・月賦・年賦などの方法がある。消費者信用のうちの、販売信用の一つ。

先に代金を支払う前払い式と、あとから代金を支払う方式がある。

概要[編集]

古くから高価な土地や家屋の売買に用いられることがあったが、本格的に採用されるようになったのは、1807年アメリカ家具販売業者「クーパースエイド・アンド・サン商会」が採用したのだが最古の例とされている。1850年代以後、ミシンシンガー農機具のマコーミック(現在のケースIH)などが次々にこの方式を導入し、潜在需要はあるものの経済的事情によって購入が進まない商品の販売に役立つことになった。1919年にはゼネラルモーターズには割賦販売専門の金融会社を創設するなど、一般家庭にも割賦販売による耐久消費財の購入が進み、1920年代のアメリカの消費文化を支えることとなった。

日本における概要[編集]

日本では江戸時代伊予国桜井漆器(現在の愛媛県今治市で生産された漆器)を瀬戸内海沿岸に販売するために農閑期に「椀船」と呼ばれる船に漆器を乗せて販売し、翌年に代金を回収するという仕組が採られた。こうした販売方式は西日本上方で知られるようになり、明治に入り割賦販売を専門的に行う月賦百貨店が成立した[1]。月賦百貨店は当初は西日本を拠点としていたが、大正期に入ると東京方面にも進出を開始した。1923年関東大震災後の再建とアメリカの割賦販売による消費文化の情報到来が重なったこともあり、1920年代には新興中産階級を中心に割賦販売による耐久消費財の購入が盛んになった。

太平洋戦争開戦後、経済が統制され割賦販売はいったん姿を消す。だが、戦後になると国民の物への渇望、朝鮮戦争を契機とした特需による景気の回復、物価の安定などを背景に割賦販売は再び息を吹き返す。衣類不足を背景としたミシンの前払い式割賦販売など、耐久消費財を中心に割賦販売は盛んに行われていく[1]

その後、割賦購入あっせんの発達に伴い、割賦販売は下火となっていく。また、前払い式割賦販売は当該販売を行っていた企業への倒産懸念などから割賦販売法により規制されるようになった[1]

その他[編集]

月賦(げっぷ)という名称は、月払いを指すが、当初は税金借金の返済に対して使われる言葉であり、販売信用で使われる言葉ではなかった[1]

割賦という言葉は、割賦販売法から生まれた。当時の議論の中で「既に月賦という言葉が広く浸透しているのだからそれを使えばよい」という意見と「分割払いは年払いなどもあるから適切ではない」などの論争の末に、分割のと月賦のを合わせて、割賦という言葉が生まれた。読み方は、「かっぷ」の他に「わっぷ」と読む場合もあったが、割賦販売法案の国会提出の際に「かっぷ」に統一された[1]

参考文献[編集]

  • 川辺信雄「割賦販売」(『歴史学事典 1 交換と消費』(1994年、弘文堂、ISBN 4335210310

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『我が国クレジットの半世紀』クレジット産業協会
[ヘルプ]

関連項目[編集]