剱持松二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

剱持松二(けんもち しょうじ、1934年7月21日 - )は、将棋棋士東京都出身。荒巻三之九段門下。棋士番号73。2000年3月引退。

人物[編集]

引退間際でも若手棋士にたびたび勝つ事から、「若手潰し」として恐れられた。例えば1988年度順位戦C級1組で、直後に竜王位を獲得する羽生善治に勝ち、結果として頭ハネで昇級を阻止している。

1961年度は東西対抗勝継戦で優勝し、また、1962年・1963年には順位戦連続昇級し、現役プロとしてのピークを迎えた。プロレス好きの剱持は力道山との親交があり、力道山が将棋好きということもあって、この頃、三段の免状を贈呈した。

その人柄から、大山康晴からも升田幸三からもかわいがられた。また、連盟の裏方として、スポンサー集め、募金集めに東奔西走した。七段から八段へ昇段するのに19年間を要したが、その昇段祝賀会には150人もの参加者が詰めかけた。

加藤一二三の後年の師匠として知られている。年上だがプロ入りが加藤より遅い[1]のに師匠という不思議な関係である。これは剱持の師匠の荒巻がキリスト教の信仰に理解があり、加藤が師匠を変更する時には既に故人であったため、荒巻の弟子の剱持を師匠にしたということらしい。

順位戦において、降級点取得回数11回(B級2組で5回、C級1組で4回、C級2組で2回)・抹消5回(B級2組で3回、C級1組で2回)の珍記録を有している。

経歴[編集]

  • 1948年 6級 = 奨励会入会
  • 1954年 初段
  • 1956年10月1日 四段 = プロ入り(予備クラス優勝)
  • 1962年4月1日 五段(順位戦C級1組昇級)
  • 1963年4月1日 六段(順位戦B級2組昇級)
  • 1973年11月 七段(贈七段:感謝の日表彰)
  • 1993年1月 八段(勝数規定
  • 2000年3月 引退
  • 2013年4月1日 九段(引退棋士昇段規定)

戦績[編集]

通算成績 399勝660敗

  • 棋戦優勝1回(1961年度・東西対抗勝継戦
  • 順位戦 自己最高 B級2組(1963年度〜1981年度)
  • 1973年 日本将棋連盟より功労者表彰
  • 1996年 現役勤続40年表彰

門下[編集]

脚注[編集]

  1. ^ プロ入りは加藤が1954年、剱持が1956年である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]