前鋸筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
前鋸筋
Serratus anterior.png
赤い所が前鋸筋
Gray1215.png
Serratus anterior と書かれているのが前鋸筋
ラテン語 musculus serratus anterior, serratus lateralis
英語 Serratus anterior
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
肋骨(第1~第9)腱弓
外側胸動脈 (上部), 胸背動脈 (下部)
長胸神経 (腕神経叢 C5, 6, 7から起こる)
作用 肩甲骨を前外方に引く。肩甲骨が固定されていると肋骨を引き上げる
アナトモグラフィー 三次元CG
テンプレートを表示

前鋸筋(ぜんきょきん)は、胸部の筋肉のうち、胸郭外側面にある胸腕筋のうちの一つ。肋骨(第1~第9)腱弓を起始とし、肩甲骨と胸郭との間を後上方に走りながら、肩甲骨に停止する。

肩甲骨を前外方に引き、肩甲骨が固定されていると肋骨を引き上げる作用がある。


画像[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]