前田章宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
前田 章宏
中日ドラゴンズ コーチ #79
CD-Akihiro-Maeda.jpg
2008年6月26日(阪神鳴尾浜球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市中川区
生年月日 1983年6月19日(30歳)
身長
体重
184 cm
91 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2001年 ドラフト1巡目
初出場 2003年10月9日
最終出場 2013年9月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (2014 - )

前田 章宏(まえだ あきひろ、1983年6月19日 - )は、日本の元プロ野球選手捕手)、野球指導者である。

愛知県名古屋市出身の2001年のプロ野球ドラフト会議において中日ドラゴンズに1位指名を受け、2002年より引退する2013年までドラゴンズに在籍。1軍では通算54試合に出場した[1]

引退した翌年の2014年より、中日ドラゴンズの2軍バッテリーコーチを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

中京大学附属中京高等学校時代は高校通算本塁打31本の記録を持つなど強肩強打の捕手として評価された。

2001年のドラフトで、中日から寺原隼人の外れ1位で指名され入団。地元の1位入団選手として期待された。

プロ入り後[編集]

打撃練習中の前田選手

プロ1年目の2002年は一軍出場なし。2003年10月9日の対ヤクルト戦でプロ初出場を果たす。

2004年は6試合に出場。2005年は8試合に出場した。2006年はわずか1試合の出場であった。

2007年はプロ1年目以来の一軍出場なしに終わり、二軍でも新入団した田中大輔がマスクを被る機会が多く、出場機会が減ってしまう。

2008年は、2年ぶりに一軍登録され、谷繁元信の故障もあり3試合に出場するも後半は二軍生活であった。オフに、ドミニカ・ウィンターリーグに野手として新井良太藤井淳志と共に派遣されて、「エストレージャス・デル・オリエンテ」に所属。通算成績は3打数1安打だったが、積極的な姿勢が評価され、試合でマスクを被ることもできた。前田自身も「何か掴んだ気がします。」とコメントしている。

2009年は8年目のシーズンを迎えたが、新たに小山桂司が加入し、正念場を迎えることとなった。9月18日の横浜戦で、スティーブン・ランドルフから三遊間を抜けるプロ初安打を放った。

2010年も開幕二軍スタートではあったが、中盤以降、調子を落とした小山に代わって一軍出場を果たす。8月14日には初のヒーローインタビューを受けた。また、終盤も9月19日に谷繁がケガした時には小山を登録抹消にしていたため、急遽一軍に呼ばれるなど、自己最多の9試合に出場し、第四の捕手として存在感を見せた。

2011年小田幸平の故障もあって初の開幕一軍入りを果たし、4月15日の横浜戦に途中出場した。6月12日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では岩瀬仁紀とバッテリーを組み、この試合で岩瀬は日本タイ記録となる通算286セーブ目を挙げた[1]。また岩瀬が日本新記録の287セーブ目を挙げた6月16日の福岡ソフトバンクホークス戦でも、捕手を務めた[2][3]。このシーズン、最終的に一軍では無安打だったものの、10月8日、ファーム日本選手権で2打点を挙げ、MVPを獲得した。

2013年松井雅人田中大輔らとの3番手捕手争いに敗れ、わずか6試合出場に終わった。10月2日に球団から戦力外通告を受け[4]、引退。

引退後[編集]

ブルペン捕手としてチームに留まる予定であったが、ゼネラルマネージャーに落合博満が、監督に谷繁元信がそれぞれ就任すると、一転して2軍バッテリーコーチへの就任を打診され[1]10月22日、コーチに就任することが球団から発表された[5]11月1日には背番号が79に決定したことが発表された[6]

人物[編集]

実家がナゴヤ球場(名古屋市中川区露橋)のごくごく近所である[1]ことから、生粋の中日ファンとしてのドラフト1巡選手としても当時話題となった。

2005年9月1日の阪神戦で、小林正人桧山進次郎に頭部死球を与えた時にマスクを被っていたが、阪神ベンチから当時の監督である岡田彰布らが飛び出してきて、岡田から何を言っていたかはっきり聞こえなかったが、まくしたてられたことによって動揺し、その後の試合で集中できずに、技術面だけでなく、精神面でも未熟さを痛感したという。

2007年のファン感謝デーにおいて堂上兄弟のHR対決のバッティングピッチャーを務めた。その際、余興としてバッターボックスに立ったドアラに対して死球を食らわせた。その後、怒ってピッチャーマウンドに走りよってきたドアラをヒップアタックで返り討ちにするという荒業をやってのけた。

落合監督時代、キャンプでの実戦形式練習の際、併殺阻止のスライディングするよう監督直々に注意されたにも関わらず、再びスライディングを怠った為、いいって言われるまでの罰走を命じられる。ところが監督がすっかりそのことを忘れて宿舎に帰ってしまった為、夜の10時頃まで約7時間陸上競技場のトラックを走っていたという。

チーム内の昭和58年生まれの選手が集まる「昭和58年会」のメンバーである。新井良太曰く一番しっかりしている大人であると語っている。(月刊ドラゴンズ2月号より)

MONGOL800のファンであり(中日スポーツより)、2011年から打席入場曲に「あなたに」を使用している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2003 中日 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2004 6 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2005 8 7 6 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 0 0 1 0 .000 .143 .000 .143
2006 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2008 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2009 6 10 10 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .100 .100 .100 .200
2010 9 4 4 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .250 .250 .500 .750
2011 11 9 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .000 .111 .000 .111
2012 3 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2013 6 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .200 .200 .200 .400
通算:10年 54 45 43 0 3 1 0 0 4 1 0 0 0 0 2 0 0 15 0 .070 .111 .093 .204

年度別守備成績[編集]

捕手
守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2003 1.000 1 2 0 0 0 1 1 0 .000
2004 1.000 5 8 0 0 0 0 0 0 0 -
2005 1.000 8 16 3 0 0 0 1 1 0 .000
2006 1.000 1 2 1 0 0 0 0 0 0 -
2008 1.000 3 3 0 0 0 0 0 0 0 -
2009 1.000 5 20 1 0 1 1 2 1 1 .500
2010 1.000 6 5 0 0 0 0 1 1 0 .000
2011 1.000 11 21 1 0 0 0 3 2 1 .333
2012 1.000 3 23 0 0 0 0 4 4 0 .000
2013 1.000 2 6 1 0 0 0 2 1 1 .500
通算 1.000 43 100 7 0 1 14 11 3 .214

記録[編集]

背番号[編集]

  • 55 (2002年 - 2006年)
  • 00 (2007年 - 2010年)
  • 38 (2011年 - 2013年)
  • 79 (2014年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “惜別球人2013 30歳引退の中日・前田 人望買われ異例の2軍コーチ就任”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2013年12月14日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/14/kiji/K20131214007196160.html 2013年12月14日閲覧。 
  2. ^ “岩瀬287セーブ プロ野球新記録樹立”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2011年6月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/06/17/kiji/K20110617001033630.html 2013年12月14日閲覧。 
  3. ^ “試合結果”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2011年6月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/npb/2011/result/06/16/01.html 2013年12月14日閲覧。 
  4. ^ 来季の契約について”. 中日ドラゴンズ (2013年10月2日). 2013年10月3日閲覧。
  5. ^ ★来季のスタッフについて中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース 2013年10月22日配信
  6. ^ ★来季スタッフの背番号について中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース 2013年11月1日配信

関連項目[編集]