刺傷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

刺傷(ししょう)とは、刺すすなわち、鋭くとがった物を中に突き入れ、貫通させる事である。 主に意図をもって行われるものが多く、刺傷による死因として、心臓などの外傷性ショック多量出血傷口からの感染などがある。なお、刺すと切るとの違いとして、凶器を身体に垂直に突き刺し、縦に抜く動作を刺す、刺した後横に滑らせて抜く動作が切ると定義されている。


刺すときに用いられる物[編集]

執筆の途中です この項目は、医学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますプロジェクト:医学Portal:医学と医療)。