刷子縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
腎臓の組織像。1 糸球体, 2 近位尿細管, 3 遠位尿細管。近位尿細管には刷子縁がある分、遠位尿細管に比べて管壁が厚く見える

刷子縁(さっしえん、brush border)とは小腸の吸収上皮細胞および腎臓の近位尿細管細胞の上部に存在する微絨毛が密に形成される領域。腸細胞においては頂端膜と同義語である。小腸における刷子縁の存在は表面積の拡大に寄与している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 日本獣医解剖学会編 『獣医組織学改訂第二版』 学窓社 2003年
  • 高橋迪雄監訳 『獣医生理学第2版』 文永堂出版 2000年
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104