利尻富士町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
りしりふじちょう
利尻富士町
Rishiri 102 01102006.JPG
鴛泊の集落と背後にそびえる利尻山
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 宗谷総合振興局
利尻郡
団体コード 01519-9
面積 105.69 km²
総人口 2,766
住民基本台帳人口、2013年12月31日)
人口密度 26.2人/km²
隣接自治体 利尻郡:利尻町
町の木 エゾマツ
ナナカマド
町の花 リシリヒナゲシ
町の鳥 リシリコマドリ
利尻富士町役場
町長 吉田勤
所在地 097-0101
北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字富士野6
外部リンク 利尻富士町

日本地域区画地図補助 01510.svg

利尻富士町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

利尻富士町(りしりふじちょう)は、北海道最北の宗谷地方、利尻島にある町。 地名の由来は、アイヌ語の「リー・シリ」(高い島)に由来する利尻山の通称「利尻富士」から。

地理[編集]

宗谷地方西部の日本海上にある利尻島東部に位置する。 地勢は険しく、山と海にはさまれた海岸に集落が点在、 北部の鴛泊(おしどまり)、南部の鬼脇が主要な集落。

海に囲まれているため夏冬の気温の格差は小さい。夏は30度未満、冬は最低でも-10度程度。 風が強く、年平均風速は5m以上。

隣接している自治体[編集]

以下の市町村は隣接していないが、空路・航路により関係が深い。

歴史[編集]

行政[編集]

  • 利尻地区水産技術普及指導所

経済[編集]

産業[編集]

漁業観光が盛ん。夏季は多くの観光客が訪れる。

漁業はかつてニシン漁で栄えたが資源枯渇により衰退、 現在は利尻昆布の養殖やウニなどの近海漁業が中心。

立地企業[編集]

  • 株式会社利尻名水ファクトリー

漁協[編集]

  • 鴛泊漁業協同組合
  • 鬼脇漁業協同組合

金融機関[編集]

郵便局[編集]

  • 鴛泊郵便局(集配局)
  • 本泊郵便局
  • 鬼脇郵便局

公共機関[編集]

警察[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography01519.svg
利尻富士町と全国の年齢別人口分布(2005年) 利尻富士町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 利尻富士町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
利尻富士町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 7,682人
1975年 6,883人
1980年 6,028人
1985年 5,520人
1990年 5,110人
1995年 4,398人
2000年 3,536人
2005年 3,239人
2010年 3,037人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

  • 小学校
    • 利尻富士町立鴛泊小学校
    • 利尻富士町立本泊小学校
    • 利尻富士町立利尻小学校
  • 中学校
    • 利尻富士町立鬼脇中学校
    • 利尻富士町立鴛泊中学校
  • 大学施設

交通[編集]

空港[編集]

新千歳空港へ就航されている。

路線バス[編集]

道路[編集]

鴛泊港(ペシ岬から)

船舶[編集]

鴛泊港

タクシー[編集]

  • 富士ハイヤー(鴛泊地区)

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

文化財[編集]

利尻富士町指定有形文化財[編集]

  • 奥の院 - 利意志理山大権現
  • 厳島神社
  • 本泊頓宮鳥居
  • 利尻山神社境内
  • 金刀比羅神社本殿
  • 北見神社境内
  • 利尻島郷土資料館 - 大正2年建築、旧鬼脇村役場庁舎
  • 大沢寺鐘楼堂
  • 会津藩士の墓(1) - 慈教寺境内
  • 会津藩士の墓(2) - ペシ岬
  • 桐山三四郎顕彰碑 - 桐山公園内
  • 綱島貞助顕彰碑 - 北見神社内
  • 北海道三景の碑 - 北見神社内
  • 宗谷区務所往書簡 - 利尻島郷土資料館蔵

その他[編集]

  • 南浜獅子神楽 - 町指定無形民俗文化財、南浜獅子神楽保存会
  • リイシリ運上屋跡 - 利尻富士町指定史跡
  • 栄町キャンプ場遺跡 - 利尻富士町指定史跡
  • ラナルド・マクドナルド渡島の地 - 利尻富士町指定史跡
  • 沼浦湿原 - 利尻富士町指定天然記念物
  • 南浜湿原 - 利尻富士町指定天然記念物

祭事[編集]

  • 北海島まつり(8月)

観光[編集]

利尻富士とオタトマリ沼(2004年平成16年)9月撮影)


外部リンク[編集]