別所治定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
別所治定
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永禄4年(1561年
死没 天正7年(1579年
別名 小八郎
氏族 別所氏
父母 父:別所安治
兄弟 長治友之治定

別所 治定(べっしょ はるさだ、永禄4年(1561年) - 天正7年(1579年))は戦国時代後期・安土桃山時代の人物。別所安治の三男。兄に別所長治別所友之がいる。通称小八郎。

別所家の急先鋒であり、主に伏兵隊に任じられた。 1579年、兄の命により叔父・別所吉親らとともに奇襲部隊兵800を率いて秀吉勢を平井山襲撃したが失敗、敗死した(「別所長治記」)。享年19。 討ち取ったのは羽柴家臣・樋口雅兼(政武とも)となっている。



関連項目[編集]