分詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

分詞(ぶんし)は準動詞の一種であり、動詞形容詞としての用法をあわせ持つものである。分詞には現在分詞過去分詞ラテン語古典ギリシア語などには未来分詞がある。分詞は形容詞としての機能を持つのが普通だが、分詞構文では副詞としての機能も持つ。

用語としては印欧語で用いることが多いが、その他の言語でも類似の活用形に用いる。ロシア語等では分詞に類するものとして、動詞から派生した形容詞・副詞である形動詞副動詞がある。

現在分詞[編集]

英語では動詞の原形に -ing をつけ、動名詞と同形であり、分詞構文を形成することができる。スペイン語 (gerundio) では、-ar からは -ando、 -er, -ir からは -iendo をつけて作る。存在動詞とともに進行形を表現したり(英語)、不完全他動詞目的格補語になったりする。イタリア語では、-ante, -ente をつけて作る。フランス語では、-ant をつけて作る。主に形容詞を動詞から派生させる場合に用いている。

アラビア語では能動分詞ともいう。

作り方[編集]

  • 語尾にingをつける。例)play→playing
  • 語尾がeのときはeを取ってingを付ける。 例)use→using
  • 子音字+短母音+子音字のときは語尾の文字を重ねて、ingをつける。 例)stop→stopping
  • ieで終わる単語はieをyに変えてingをつける。 例)lie→lying
  • 例外 例)be→being 、dye→dyeing

現在分詞には、ふつう不規則変化はないが、beなど、eで終わっているのに、そのままingを付けることもある。

例文[編集]

  • 英語:I am reading the book.(私は本を読んでいます。)
  • 英語:The sleeping baby is my brother.(その眠っている赤ん坊は私の弟です。)
  • スペイン語:Estoy estudiando.(私は勉強しています。)
  • イタリア語:Questa è una parola derivante dal latino. (これはラテン語に由来する言葉です。)
  • ドイツ語:das singende Mädchen.(歌っている女の子。)

過去分詞[編集]

主に受動態および完了形を作る。

英語では規則変化動詞の場合は動詞の原形に-edを付けて作る。不完全他動詞の目的格補語になったりする。通常他動詞が過去分詞形になった場合は受動態、自動詞の場合は完了形を形成する。また現在分詞と同様に分詞構文を形成することができる。スペイン語 (participio) では、ar からは -ado、 -er, -ir からは -ido をつけて作る。 フランス語では、-é(e) をつけて作る。

ラテン語では完了分詞、アラビア語では受動分詞という。

作り方[編集]

  • 規則動詞の場合は過去形と同じ。

例文[編集]

  • 英語:A Mouse is eaten by a cat.(ねずみは猫に食べられる。)
  • 英語:The letter written by Ren was long.(レンによって書かれた手紙は長かったです。)

エスペラントの分詞[編集]

エスペラントの分詞はまず能動分詞と受動分詞とに分けられる。能動分詞は3種類あり、それぞれの語尾は、「能動分詞進行形」では -ant、「能動分詞完了形」では -int、「能動分詞未然形」では -ont である。受動分詞も3種類あり、それぞれの語尾は「受動分詞進行形」が -at、「受動分詞完了形」が -it、「受動分詞未然形」が -ot である。

また、これらの分詞語尾に名詞語尾 -o がつけば分詞名詞に、形容詞語尾 -a がつけば分詞形容詞に、副詞 -e がつけば分詞副詞となる。言語名の Esperanto(エスペラント)も esperi(希望する)という動詞不定形の能動分詞進行形 esperant に名詞語尾 -o をつけた分詞名詞である。

  • Mi estas skribanta.(私は書いているところです。)
  • Ludanta knabo estas sana.(遊んでいる少年は健康です。)
  • La letero estas skribita de la reĝo(その手紙は王によって書かれています。)
  • Manĝante, mi legis libron.(食べながら、私は本を読みました。)

関連項目[編集]