分杭峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
分杭峠
分杭峠.JPG
分杭峠(2004年8月撮影)
標高 1,424 m
所在地 日本の旗 日本
長野県伊那市
下伊那郡大鹿村
位置 北緯35度41分58秒
東経138度04分01秒
座標: 北緯35度41分58秒 東経138度04分01秒
通過する交通路 国道152号
分杭峠の位置
テンプレートを表示
2004年8月撮影

分杭峠(ぶんぐいとうげ)[1]は、長野県伊那市下伊那郡大鹿村との境界に位置する標高1,424mのである。

静岡県浜松市秋葉神社へ向かう街道として古くから利用された秋葉街道の峠の一つである。秋葉街道は西日本の地質を内帯と外帯に二分する中央構造線の断層谷を利用した街道であり、分杭峠は中央構造線の谷中分水界にあたる。

名称の由来[編集]

高遠藩が他領(南方は天領であった)との境界に杭を建て目印としたことに由来するといわれ、峠には「従是北高遠領」の石碑がある[1]

ゼロ磁場[編集]

分杭峠は、一部の人々から「健康に良い『気』を発生させるゼロ磁場地域である」と言われ、マイナスイオンブームの際にマスコミに取り上げられた。中国の気功師・張志祥が来日した際、分杭峠に「気場」を発見した。

サトルエネルギー学会顧問の佐々木茂美東京電機大学教授は、発見当時に長谷村(現伊那市)の依嘱により測定し、「ゼロ場(相殺磁場、ゼロ磁場)」の存在が報告された。

日本最大、最長の巨大断層地帯である中央構造線の真上にあり、2つの地層がぶつかり合っている、という理由から「エネルギーが凝縮しているゼロ磁場であり、世界でも有数のパワースポットである」とされている[2]。2009年にテレビ・ラジオや雑誌で分杭峠のゼロ磁場が大きく取り上げられ、分杭峠に来る観光客が急増した[3]

しかし、こうした考えは科学的に解明されたものではなく、疑似科学の一つと見なされている。中央構造線博物館の学芸員を勤める河本和朗は「地震を発生していないときの断層は,力学的には周囲の岩盤と同じ」と指摘し、「『断層で岩盤が押し合っている』という考えは地球物理的に誤りである」としている[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 分杭峠(気場):伊那市
  2. ^ 分杭峠/パワースポット特集じゃらん
  3. ^ 読売新聞 (2010年10月2日). “分杭峠静かな人気”. 2010年10月6日閲覧。
  4. ^ 大鹿村中央構造線博物館 2010年11月25日閲覧

外部リンク[編集]