分岐 (カオス理論)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

分岐(bifurcation)は、力学系においてパラメータの小さな変化により、系の質的または位相(topology)的な変化を意味する。分岐は微分方程式で表現される連続的な時間や、反復写像によりあらわされる離散的時間で起こる。

分岐の例として、ロジスティック写像がある。ロジスティック写像は、最初に一本の線からスタートし、パラメータを変化させていくと、ある点で二本に分岐し、さらにそれらがまた分岐し…を繰り返すことにより、カオス的振る舞いを見せる。

分岐の種類[編集]

関連項目[編集]