函館タクシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
函館タクシー株式会社
(函館帝産バス)
Hakodate taxi Ltd.
Hakodate Taxi Nissan Crew.jpg
函館タクシーの車両(日産クルー、2009年5月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
040-0022
北海道函館市日乃出町22-38
北緯41度46分27.47秒
東経140度45分13.87秒
設立 1950年(昭和25年)7月24日
業種 陸運業
事業内容 一般旅客自動車運送事業(乗用乗合貸切)、他
代表者 岩塚晃一(代表取締役)
資本金 4,000万円
従業員数 285名
外部リンク http://www.hakotaxi.co.jp/
テンプレートを表示

函館タクシー株式会社(はこだてタクシー)は、北海道函館市に本社を置くタクシー会社である。乗合バス貸切バス事業も行っている。

概要[編集]

1950年(昭和25年)に帝産オート(現 帝産観光バス)の子会社として帝産函館タクシー株式会社の名称で発足した。1972年(昭和47年)に現在の社名に変更すると同時に帝産オートから分離独立し資本関係は無くなったが、翌1973年(昭和48年)には函館帝産バスの名称でバス事業を開始するなど、引き続き帝産グループの一翼を担っている。

本社所在地[編集]

タクシー事業[編集]

タクシー事業は函館交通圏で営業を行う。

2010年(平成22年)10月1日からはKitacaでの支払いが可能となった。道内のタクシー事業者では初となる。試行的に3台に導入され、その後導入の拡大が検討される[1][2]

バス事業[編集]

バス事業では函館帝産バス(はこだてていさんバス)の名称を使用する。

路線バス[編集]

函館空港連絡バス

路線バス事業は空港連絡バスとフェリー連絡バスの限定路線のみで、いわゆる一般路線バスの運行は行っていない。車両は9台登録されている[3]

函館空港連絡バス
宝来町(チサングランド函館)・ベイエリア前・函館国際ホテル・函館駅前・大森町・金堀町(競輪場前)・湯の川温泉 - 函館空港
函館港連絡バス
ラビスタ函館ベイ・函館駅前 - 函館港津軽海峡フェリーターミナル)

貸切バス[編集]

貸切バス事業は函館運輸支局管内での発着が認められている。車両は12台登録されている[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 道内初!「Kitaca電子マネー」でタクシーがご利用頂けるようになります (PDF)”. JR北海道 (2010年9月8日). 2011年8月28日閲覧。
  2. ^ 北海道初! キタカ・スイカカード決済機搭載のタクシー運行開始!!”. 函館タクシー (2010年9月9日). 2011年8月28日閲覧。
  3. ^ 全国乗合バス事業者の基準適合車両導入状況 (PDF)”. 国土交通省. 2011年8月28日閲覧。
  4. ^ 貸切バス会社一覧 (PDF)”. 北海道バス協会. 2011年8月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]