出雲源氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

出雲源氏(いずもげんじ)とは、鎌倉時代以降に出雲国を本拠として土着した源氏の流れを汲む一族の呼称。宇多源氏佐々木氏流に属し、近江源氏の分流にあたる。雲州源氏(うんしゅうげんじ)とも呼ばれる。家紋は佐々木流として珍しく「四つ目結い」を使わず(一部例外あり)、「花輪違い」を使うなどの特徴がある。出雲国神門郡塩冶郷(現 島根県出雲市)を本拠として発祥し、のち能義郡(現 安来市)に本拠が移った。

発生[編集]

花輪違(七宝に花角)

佐々木義清流[編集]


野木光綱流[編集]


四つ目結い

宍道秀益流[編集]



末次胤清流[編集]


出雲源氏に含めないもの[編集]

吉田厳秀流[編集]


尼子流[編集]

  • 前記近江源氏京極氏の守護代として近江国から下向した尼子氏一族は、本貫が近江国甲良荘尼子郷[4]であるため「出雲源氏」とは呼ばれず、それぞれ「近江尼子流」、「出雲尼子流」と呼ばれ区別されているため、狭義の「出雲源氏」には含まれない。また、清和源氏山名氏等も一時出雲国を領したが、時期が短いことや出雲を本貫とする諸流を輩出していないため「出雲源氏」とは呼ばれない。


系譜[編集]

    ∴
  佐々木義清
    ┣━━━━━━━━┓
  佐々木政義    佐々木泰清
     ┏━━━━━━━━╋━━━┳━━━━━━━━━┳━━━━━┳━━━┓
  隠岐時清     塩冶頼泰 富田義泰     湯頼清  高岡宗泰 古志義信
    ┃        ┃   ┣━━┓       ┣━━┓  ┃   ┃
   宗清       貞清  師泰 末次胤清   泰信 信清 宗義  宗信
 ┏━━╋━━┓  ┏━━┫   ┃         ┃  ┃  ┃   ┃
清高 秀清 清顕 高貞 時綱  秀貞        公清 雅清 師泰  高雅
 ┃     ┃     ┃   ┃         ┃     ┣━━┳━━┓
重清    師清    通清  直貞        公綱    義宗 重宗 直宗
       ┃     ┃                      ┃  ┃
      頼清    満通                     高重 國宗
             ┃                         ┃
            高清                        宗惟

著名人物[編集]

補註[編集]

  1. ^ このうち乃木希典家の家紋は「市松四つ目結い」。
  2. ^ 家紋は「四つ目結い」。
  3. ^ 吉田厳秀本貫は、「近江国犬上郡吉田村」という説と、「出雲国能義郡吉田庄」という説があり、後者の説によると出雲源氏に含まれることになる。家紋は「三つ盛洲浜」。
  4. ^ 滋賀県甲良町

関連項目[編集]