出石寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
出石寺
Shussekiji 04.JPG
本堂
所在地 愛媛県大洲市豊重乙1
位置 北緯33度32分8.7秒東経132度27分56.3秒座標: 北緯33度32分8.7秒 東経132度27分56.3秒
山号 金山
宗派 真言宗御室派
寺格 別格本山
本尊 千手観音
創建年 (伝)養老2年(718年
開基 (伝)道教
正式名 金山 出石寺
札所等 四国八十八箇所43番準堂
四国別格二十霊場7番
四国三十三観音霊場18番
西瀬戸三観音
伊予十観音5番
伊予道前道後十観音霊場9番
伊予巡錫二十一霊場19番
南予七福神霊場 第6番(寿老尊)
弘法大師雪中修行霊跡
文化財 銅鐘(国の重要文化財)
木造釈迦如来坐像(県文化財)
金山出石寺(県名勝)
テンプレートを表示

出石寺(しゅっせきじ)は愛媛県大洲市に所在する真言宗御室派別格本山の寺院。山号は金山(きんざん)。本尊は千手千眼観世音菩薩。山号を冠して「金山出石寺」と呼ばれることが多い。また地元では「でいしさん」と呼ぶことがある。

四国八十八箇所霊場第四十三番札所準堂、四国別格二十霊場七番札所、四国三十三観音霊場十八番札所、西瀬戸三観音霊場、伊予十観音霊場五番札所、伊予道十観音霊場九番札所、伊予巡錫二十一霊場十九番札所、南予七福神・寿老人

御詠歌:くもりなき 二名の島の 金山に みのりの光 かがやくを見よ

概要[編集]

出石寺は出石山(いずしやま 812m)の山上に伽藍が広がる。山上からは宇和方面の山々や大洲盆地久万高原方面が見渡せる。

寺伝によれば、奈良時代初期の養老2年(718年)6月18日に宇和島郷猟師・作右衛門が鹿を追いかけて、この山に分け入った。すると鹿は消えて暗雲が垂れ込め山中に地鳴りが響き渡った。そして鹿が消えた場所の岩が割け、そこから金色に輝く千手観音が姿を現したという。作右衛門は殺生を生業とする猟師という職業を悔い改め仏門に帰依した。作右衛門は名を道教と改め、この地に堂宇を建立したという。

平安時代前期、この地で空海(弘法大師)が冬期に雪中修行を行ったとの伝説がある。

開山当初の山号は雲峰山と称していたが、この山に鉱山があることから空海が金山と改めたという。なお山の北側には硫化銅石の鉱山跡があり、三菱鉱業明治43年(1910年)から昭和20年(1945年)頃まで採掘を行っていた。

昭和16年(1941年)大火に見舞われ伽藍が焼失した。昭和31年(1956年)に復興した。

境内[編集]

  • 熊野権現
  • 仁王門
  • 護摩堂
  • 本坊
  • 大師堂
  • 本堂

駐車場より寺に向かうと、寺と向き合って熊野権現社と弘法大師像がある。階段を上がると仁王門があり同じ段に護摩堂と本坊がある。更に階段を上がると大師堂、更に階段を上がった出石山山頂に本堂がある。

  • 宿坊

文化財[編集]

国の重要文化財・朝鮮鐘
重要文化財(国指定)
  • 銅鐘
朝鮮鐘とも呼ばれる。高麗王朝(918年 - 1392年)の時代に朝鮮半島で鋳造された。伝承では朝鮮出兵の際に藤堂高虎が持ち帰り、この寺に寄進したと言われている。総高89.0cm、口径55.7cm。大正7年(1918年)4月8日指定。
愛媛県指定有形文化財(彫刻)
  • 木造釈迦如来坐像 1躯
材の寄木造り。像高87.5cm。昭和40年(1965年)4月2日指定。
愛媛県指定名勝
  • 金山出石寺
瀬戸内海国立公園に属する景勝地である。山上からは伊予灘豊後水道、大洲盆地や石鎚山方面を望むことができる。昭和26年(1951年)11月27日指定。
大洲市指定天然記念物
  • カツラ :出石寺参道、昭和46年3月30日指定

前後の札所[編集]

四国八十八箇所
43 明石寺 --(八幡浜市経由 36.5km)-- 43番準堂 出石寺 --(79.1km)-- 44 大寶寺
四国別格二十霊場
6 龍光院 --(八幡浜市経由 54.5km)-- 7 出石寺 --(県道28号・24号経由 29.2km)-- 8 十夜ヶ橋

参考文献[編集]

  • 愛媛県高等学校教育研究会社会科部会編 『新版 愛媛県の歴史散歩』 山川出版社刊 1991年 171ページ
  • 宮崎建樹著 『四国遍路ひとり歩き同行二人』解説編 へんろみち保存協力会刊 2007年(第7版)
  • 現地説明板