凝然

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

凝然(ぎょうねん、仁治元年3月6日1240年3月30日)- 元亨元年9月5日1321年9月26日))は、鎌倉時代後期の東大寺の学僧。インド中国日本にまたがる仏教史を研究してその編述をおこない、日本仏教の包括的理解を追究して多くの著作をのこした[1][注釈 1]

人物略歴[編集]

伊予国(いまの愛媛県)の出身で、示観房と号す。

東大寺戒壇院の円照に師事して通受戒を受けたほか、華厳宗性に、証玄に、真言密教聖守真空に、浄土教学を長西に学ぶなど博学であった。とりわけ華厳教学に通じており各所で講義を行っている。円照のあとを受けて東大寺戒壇院に住し、法隆寺唐招提寺など南都寺院を管轄した。『八宗綱要』は日本仏教史研究に不可欠の文献である[注釈 2]

平岡定海編著『東大寺辞典』(東京堂出版、1980年)「凝然」の項目に詳しい。また、図書目録『凝然国師著述目録』が大谷大学図書館にある。

著書(訳注)[編集]

上田晃円訳著、<日本の仏典>上巻のみ 筑摩書房、1990年
平川彰訳著(上・下)、<佛典講座39>大蔵出版、1980-81年(新装版2004年)
玉城康四郎解説 『初期の仏教 八宗綱要-凝然-』 筑摩書房、1968年
  • 律宗綱要』 佐藤達玄訳著、大蔵出版、1994年
  • 『華厳法界義鏡』 北畠典生訳著 上巻のみ、永田文昌堂
日本思想大系15 鎌倉旧仏教』にも所収(鎌田茂雄ほか校注)、岩波書店 初版1971年(新装版1995年)
  • 『華厳五教章通路記』 『大日本仏教全書 仏書刊行会第9・10冊』 復刻:名著普及会、1977年/大法輪閣、2007年
  • 『三国仏法伝通縁起』 『大日本仏教全書 仏書刊行会第101冊』 復刻:同上
  • 『維摩経疏菴羅記』 『法華疏慧光記』
  • 『浄土法門源流章』 『華厳孔目章発悟記』
  • 『内典十宗秀句』 『内典塵露章』ほか『大日本仏教全書』に所収
  • 『円照上人行状記』 東大寺図書館刊、和装復刻1977年
  • 『与州新居系図』  重要文化財

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 凝然の著述は、鎌倉時代のいわゆる「旧仏教」の僧侶たちが、「日本にとって仏教とは何であったか」を追究しようとした意思の現れのひとつととらえることができる。大隅(1989)p.210
  2. ^ 『八宗綱要』における「八宗」とは、法相宗倶舎宗三論宗成実宗華厳宗律宗南都六宗および天台宗真言宗の平安二宗のことである。

参照[編集]

  1. ^ 大隅(1989)p.210

参考文献[編集]

  • 大隅和雄「南都北嶺-旧仏教の自己変革」野上毅編集『朝日百科日本の歴史 4中世Ⅰ』朝日新聞社、1989年4月。ISBN 4-02-38007-4