冬の星座 (文部省唱歌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

冬の星座」(ふゆのせいざ)は、堀内敬三作詞の日本唱歌1947年昭和22年)発行の国定教科書『中等音楽』に掲載された。2007年平成19年)に日本の歌百選の1曲に選ばれている。

メロディーには、1871年ウィリアム・ヘイスWilliam S. Hays, 1837 - 1907)によって作詞・作曲されたアメリカ合衆国ポピュラー・ソング「愛しのモーリー」(Mollie Darling)が用いられている。詞は新たに作られたもので、翻訳曲ではない。なお、日本では「冬の星座」以前にも、中村秋香(1841 - 1910)が作詞した唱歌「他郷の月」が「愛しのモーリー」のメロディーを使用している。

「愛しのモーリー」[編集]

歌詞
  1. Won't you tell me, Mollie darling,
    That you love none else but me?
    For I love you, Mollie darling,
    You are all the world to me.
    O! tell me, darling, that you love me,
    Put your little hand in mine,
    Take my heart, sweet Mollie darling,
    Say that you will give me thine.

    (Chorus)
    Mollie, fairest, sweetest, dearest,
    Look up, darling, tell me this;
    Do you love me, Mollie darling?
    Let you answer be a kiss.

  2. Stars are smiling, Mollie darling,
    Thro' the mystic vail of night;
    They seem laughing, Mollie darling,
    While fair Luna hides her light;
    O! no one listens but the flowers,
    While they hang their heads in shame,
    They are modest, Mollie darling,
    When they hear me call your name.

    (Chorus)

  3. I must leave you, Mollie darling,
    Tho' the parting gives me pain;
    When the stars shine, Mollie darling,
    I will meet you here again.
    O! goodnight, Mollie, goodbye, loved one,
    Happy may you ever be,
    When you're dreaming, Mollie darling,
    Don't forget to dream of me.

    (Chorus)

「他郷の月」[編集]

歌詞
  1. よくと悦ぶ 父母の君
    あれ姉上と かけ来る妹
    こひしや我が家に うれしや今
    かへると見しは 夢なりけり

  2. 宵のしぐれは あとなく晴れて
    傾く月に 雁なき渡る
    あはれあの雁も またわがごと
    わかれや来つる その故郷(ふるさと)

「冬の星座」[編集]

参考文献[編集]