冬の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

冬の日ふゆのひ)は、俳諧の撰集。山本荷兮編。貞享元年(1684年)刊。『尾張五歌仙』ともよばれる。俳諧七部集の一つ。貞享元年11月、尾張国名古屋で、松尾芭蕉のほか、荷兮、岡田野水加藤重五坪井杜国、正平による歌仙5巻と追加の表6句をおさめる。芭蕉一門の新風を代表するものとされる。