冨田恵一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
冨田 恵一
基本情報
別名 冨田ラボ
出生 1962年6月1日(52歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道旭川市
血液型 O型
学歴 獨協大学
ジャンル ポップス
職業 音楽家
音楽プロデューサー
作曲家
編曲家
担当楽器 ギター
ベース
キーボード
ピアノ
シンセサイザー
コーラス
活動期間 1988年 -
レーベル フェイスレコーズ2003年
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ2005年 - 2007年
rhythm zone2009年 - )
SPEEDSTAR RECORDS2013年 - )
事務所 MSエンタテインメント
公式サイト 冨田ラボ オフィシャル

冨田 恵一(とみた けいいち、1962年6月1日 - )は、日本音楽家音楽プロデューサー作曲家編曲家北海道旭川市出身。

来歴[編集]

獨協大学在学中よりミュージシャンとしての活動を開始する。当時はコンサートバックバンドでのギタリストとしての活動が中心であった。

1988年にユニット「KEDGE」名義にてアルバム『COMPLETE SAMPLES』を発表。以後、作編曲家として活動し、遊佐未森等を手がける傍ら、テレビドラマ等の劇伴作家としても活動する。

1997年にプロデュースを手がけたキリンジが音楽業界を中心に注目を集める。さらに2000年にはMISIAの最大のヒット曲となる「Everything」をプロデュース。

2001年には中島美嘉のデビューシングル「STARS」をプロデュース。以後、bird松任谷由実平井堅Crystal KayAIBONNIE PINK 等、数多くのアーティストのプロデュースを手がけている。

2003年、自身のセルフプロジェクト「冨田ラボ」(Tomita Lab)として東芝EMIからアルバム『Shipbuilding』を発表。フィーチャリング・ボーカリストに松任谷由実畠山美由紀ハナレグミキリンジSaigenjibirdを起用し、音楽プロデューサーの企画アルバムとしては異例の好セールスを記録する。

2005年ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズに移籍。「Like A Queen feat. SOULHEAD」、「アタタカイ雨 feat. 田中拡邦 (MAMALAID RAG)」、「ずっと読みかけの夏 feat.CHEMISTRY」と立て続けに3枚のシングルをリリース。

2006年、先行シングル3曲を含む2ndアルバム『Shiplaunching』を発表。また、冨田ラボとしては初となるライブ「Tomita Lab Concert」をSHIBUYA-AXにて開催。大貫妙子キリンジCHEMISTRYSaigenjiSOULHEAD高橋幸宏田中拡邦畠山美由紀ハナレグミ山本領平等、2枚のアルバムに参加したミュージシャンをゲスト・ボーカルに、さらにバック・バンドには金原千恵子ストリングス山本拓夫村田陽一三沢またろう等のスタジオ・ミュージシャンを迎えた。

2009年rhythm zoneへ移籍。「Etoile feat.キリンジ/Corps de ballet」、「パラレル feat. 秦 基博」と2枚のシングルをリリース。

2010年、"Shipシリーズ3部作"の完結編となる3rdアルバム『Shipahead』を発表。フィーチャリング・ボーカリストに佐野元春一十三十一秦基博安藤裕子CHEMISTRYキリンジ吉田美奈子を迎えた。

2011年、冨田恵一プロデュース作品代表作(アーティスト冨田ラボとしての作品も含む)を集めたベストアルバム『冨田恵一 WORKS BEST ~beautiful songs to remember~』を発表。新曲「エイプリルフール feat. 坂本真綾」を収録。また5月には、一夜限りのワンマンライブ「冨田ラボ LIVE - COMBO -」をBlue Note Tokyoにて開催。坂本真綾秦基博bird・Hiro-a-keyをゲスト・ボーカルに、さらにバック・バンドには村石雅行鈴木正人・松本圭司・山本拓夫・西村浩二といったスタジオ・ミュージシャンを迎えた。

2013年、ビクターエンタテインメントへ移籍し、4thアルバム『Joyous』を発表。ゲスト・ボーカルに原由子横山剣(クレイジーケンバンド)、椎名林檎さかいゆうを迎える。

人物[編集]

ギターベースキーボードをこなすマルチプレイヤーであり、その技量はどれもきわめて高い。また、ドラムはオリジナルのサンプリング音源を使用した打ち込みであるが、アレンジ・音色等、ほとんど生のドラムに聴こえる。

作曲、編曲、レコーディングはもとより、ミックスダウンまで、作業のほとんどをプライベートスタジオの「Tomita Lab Studio」で行う。自らコーラスを行うこともある。

プロデューサーとしての活動を開始した1990年代半ば以降、ライブのステージに立つことはほとんどないが、初期キリンジのコンサートでベースを、2006年の「Tomita Lab Concert」でギターとキーボードを、2007年のMTVジャパン主催のイベント「MTV Cool Christmas 2007」で秦基博のスペシャルゲストとしてピアノを、それぞれ演奏する姿を披露している。

美しく重厚なストリングスを用いたバラードのヒット曲が多いが、自他ともに認めるジャズ・ロックマニアでもあり、その幅広い音楽性から音楽業界内のファンも多い。

マイケル・ブレッカーを敬愛しており、2007年に彼が永眠した際には、自身のラジオ番組で追悼特集を行った。

作品リスト[編集]

アルバム[編集]

シングル[編集]

コラボレート・シングル[編集]

  • 雨雲 / 森大輔 enjoy with 冨田ラボ (2007年11月7日
  • Get up! Do the right! feat. 佐藤竹善 & bird / FUTABA enjoy with 冨田ラボ (2007年12月5日
  • あの木の下で会いましょう feat. 安藤裕子 (NO MUSIC, NO LIFE. version) 〈タワーレコード限定〉 (2009年11月4日)

映像作品[編集]

サウンド・トラック[編集]

主なプロデュース作品[編集]

[A]はアルバム

双子座グラフィティ (1998年8月26日)
Paper Driver's Music (1998年10月25日)[A]
牡牛座ラプソディ (1999年6月23日)
47'45" (1999年7月28日)[A]
アルカディア (2000年1月19日)
グッデイ・グッバイ (2000年4月19日)
君の胸に抱かれたい (2000年7月12日)
エイリアンズ (2000年10月12日)
3 (2000年11月8日)[A]
雨は毛布のように (2001年6月13日)
Drifter/太陽とヴィーナス (2001年7月25日)
ムラサキ☆サンセット (2001年11月7日)
Fine (2001年11月21日)[A]
スウィートソウル ep (2003年3月26日)[A]
カメレオンガール (2003年8月6日)
For Beautiful Human Life (2003年9月26日)[A]
YOU AND ME (2004年5月12日)
十四時過ぎのカゲロウ (2004年7月7日)
早春 (2012年11月7日) - ストリングスアレンジメントを担当
You’re my love (1997年11月21日)
愛の灯〜君とメリークリスマス (2000年10月14日) - 『S map〜SMAP 014』に収録
Everything (2000年10月25日)
フジテレビ系ドラマ『やまとなでしこ』主題歌
STARS (2001年11月7日)
フジテレビ系ドラマ『傷だらけのラブソング』主題歌
WILL (2002年8月7日)
フジテレビ系ドラマ『天体観測』主題歌
火の鳥 (2004年6月2日)
NHKアニメ『火の鳥』主題歌
LEGEND (Original) (2004年10月20日)
うらら (2002年2月6日)
SPARKLES (2006年9月6日)
BREATH (2006年10月4日)[A]
楓 (2002年10月17日) - 『一期一会 Sweets for my SPITZ』に収録
Ring (2002年11月7日)
日本テレビ系ドラマ『サイコドクター』主題歌
キャンバス (2008年2月20日)
フジテレビ系ドラマ『ハチミツとクローバー』主題歌
真冬物語(2004年1月1日)
Kiss (2005年1月26日)
星降る夜のクリスマス (2005年10月5日)
ONE (2007年11月7日)
フジテレビ系ドラマ『医龍 -Team Medical Dragon2-』主題歌
When I wish upon a star (2007年11月14日)
falling (2008年1月15日) - 『こんにちは。』に収録
コリーヌ・ベイリー・レイ(作曲)& 冨田恵一(プロデュース、編曲)による“奇跡の曲”として話題となった
手をつないで (2008年4月8日)
コリーヌ・ベイリー・レイ(作曲)& 冨田恵一(プロデュース、編曲)による第2弾
風景(Acoustic Session with 冨田ラボ) (2008年4月23日)
GIRLS STYLE(2008年5月7日)
CHAIN (2008年11月26日)
Bolero (2009年1月21日)
恋をする(2009年4月29日)『mariage』に収録
Cry (2010年11月17日)
ムーンライト(または“きみが眠るための音楽”)(2011年1月12日) - 『You can't catch me』に収録
Color of Beauty (2012年1月25日) - 『HEART』に収録
マフラー (2012年06月27日) - 『一青十色』に収録
舞い散る雪のように (2013年2月13日) - 『セミダブル』に収録
華 (2013年8月21日)
また君に恋してる (2014年2月12日) - 『Lady』に収録
雨  (2014年2月12日) - 『Lady』に収録
羽1/2 (2014年3月05日) - 『唄い屋・BEST Vol.1』に収録
アレンタウン Allentown (2014年5月21日) - 『We Love Piano Man : Tribute To Billy Joel』に収録
あの娘にアタック Tell Her About It (2014年5月21日) - 『We Love Piano Man : Tribute To Billy Joel』に収録
シーズ・オールウェイズ・ア・ウーマン She's Always A Woman (2014年5月21日) - 『We Love Piano Man : Tribute To Billy Joel』に収録
やさしい哲学 feat. 椎名林檎 (2013年11月13日) - 『浮き名』に収録
青春の瞬き (2014年5月27日) - 『逆輸入~港湾局~』に収録
MY LOVE (2014年6月25日) - 『10years』に収録

主なリミックス作品[編集]

作曲及び編曲[編集]

罌粟(2004年4月1日) - 『WILD AND GENTLE』に収録
海が欲しいのに(2004年4月1日) - 『WILD AND GENTLE』に収録(畠山美由紀との共同作曲)
パレード(2006年10月4日) - 『BREATH』に収録
Heavenly Sweet(2008年8月13日)
晴れの日(2009年2月18日)
一角獣と処女(2009年3月4日) - 『アンティークレース編み』に収録

その他[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

CM[編集]

  • ホクト -「あいあいがさのふたり」篇、「あいあいがさのみんな」篇 (2012年) 音楽

作詞:堀込高樹/ボーカル:児玉奈央

出演番組[編集]

著書[編集]

外部リンク[編集]