冥王星族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太陽系外縁天体
エッジワース
・カイパー
ベルト

(海王星との
軌道共鳴
(3:4)
冥王星族 (2:3)
(3:5)
キュビワノ族 ( - )
(1:2)
散乱円盤天体
オールトの雲
類似天体 ケンタウルス族
海王星トロヤ群
彗星遷移天体
関連項目 準惑星冥王星型天体
太陽系小天体
■Portal ■Project ■Template

冥王星族(めいおうせいぞく、Plutino)またはプルーティノ族(プルーティノぞく)とは、冥王星と似たような軌道を持つ天体である。この族に属する天体は海王星と3:2の共鳴関係にあり、公転周期が海王星の約2分の3倍(243 - 253年)となる。冥王星族はエッジワース・カイパーベルトの内周部分を構成し、知られているカイパーベルト天体の約5分の1を占める。

冥王星とカロンを除くと、最初の冥王星族 (1993 RO) は1993年7月16日に発見された。

冥王星族に冥王星自身を含むことは(冥王星も軌道の性質が同じ為)便利だが、英語表記では plutino に「小さな冥王星」の意味があるために、含むべきではないという主張もある。

主要な冥王星族の天体[編集]

冥王星族の主要天体
小惑星
番号
名前
仮符号
直径
(推定:km)
公転
周期
(年)
衛星数 備考
134340 冥王星 2,320 249 4 準惑星
Pluto I カロン 1,280 249 - 冥王星最大の衛星
準惑星候補
28978 イクシオン
(2001 KX76)
800 249 未確認 準惑星候補
38083 ラダマントゥス
(1999 HX11)
160 246 未確認 -
38628 フヤ
(2000 EB173)
540 250 未確認
90482 オルクス
(2004 DW)
840 -
1,880
246 1 準惑星候補

軌道[編集]

第一図:代表的な冥王星族
第二図:冥王星族の軌道要素

既知の冥王星族の軌道を第一図に示す。横軸が軌道長半径、縦軸が軌道傾斜角、円の大きさは直径(小天体等、不明な物は絶対等級アルベドより数値化)である。

冥王星、オルクスイクシオンの三天体は表記するには大き過ぎる為に白円で記す。冥王星最大の衛星、カロン(直径は概ねオルクスと等しい)も省いてある。

大多数の軌道は冥王星と同様に 10 - 25゜の軌道傾斜角に 0.2 - 0.25 の離心率を持ち、近日点は海王星軌道と交叉するか接する辺りから、遠日点はカイパーベルトの外縁にある。

以下に冥王星族の軌道の範囲の例として、極端な軌道を持つ3天体(図中黄色)を挙げる。

  • 2005 EK298 2012年現在、最大の軌道傾斜角(i=40゜)を持つ。
  • 2003 QV91 2012年現在、最も扁平な軌道(e=0.35)を持つ。近日点は天王星と海王星の中間辺りで、遠日点は散乱円盤天体領域にある。
  • (119951) 2002 KX14 ほぼ円軌道(e=0.046)で黄道面上を運行(i=0.4゜)する。

全冥王星族(2008年10月現在)の軌道要素図を第二図に示す。図中に軌道傾斜角i(5゜刻み)と離心率e(0.05刻み)の度数分布図を添付する。