写真編集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
編集ソフトウェアで合成・編集された写真
写真編集にかつて使われていた道具

写真編集(しゃしんへんしゅう、: Photo editing )とは、アナログ/デジタルを問わず写真画像を修正する技法を意味する。フォトレタッチ: Photo retouch )とも。これを職業とする人をレタッチャーという。写真編集することで誰かを騙そうとする意図がある場合、これを改竄(かいざん)と呼ぶ。

フォトレタッチとレタッチャー[編集]

「フォトレタッチ」と「レタッチャー」の呼称は主に和製英語であり、世界的には主にフォトリタッチ: photo retouching)とリタッチャー(: retoucher)と呼ばれる[1] [2]

デジタル写真編集の種類[編集]

デジタル編集では、デジタルカメラなどで撮影した写真を直接コンピュータに取り込む。デジタル写真がない場合、リバーサルフィルムネガフィルム、印画紙に焼き付けられた写真をイメージスキャナデジタイズする。ストック写真データベースを利用することもできる。コンピュータ、グラフィックスタブレット、デジタルカメラの出現により、写真編集という用語は暗室での作業とコンピュータ上の作業の両方を指すようになった。写真編集は一般に非常に微妙なもの(色調コントラストの修正など)だが、大胆な編集(頭と体を挿げ替えたり、サインを書き換えたり)もある。画像編集ソフトウェアは各種効果を適用したり様々な技法で画像を改変したりできる。場合によっては、写真編集後の結果は編集前と比較すると似ても似つかない画像となっていることがある。

歴史[編集]

コンピュータ以前の写真編集は、インク塗料を加筆 (retouch) したり、二重露光したり、写真やネガを暗室で繋ぎ合わせたり、ポラロイド写真を引っかいたりして行われた。エアブラシも使われていた。欧米ではエアブラシによる写真編集を "airbrushing" と呼んだ。

記録にある最初の写真編集の例は1860年代初頭のことで、ジョン・カルフーンの肖像の身体とエイブラハム・リンカーンの座っている写真(マシュー・ブラディ撮影)の顔部分を繋ぎ合わせ、立っているリンカーン像にしたものである[3]

1980年代には、Quantelのコンピュータとその上で動作するPaintboxScitexという専用ワークステーションが登場し、デジタル写真編集が可能となった。1980年代後半にはシリコングラフィックスのワークステーション上で動作する Barco Creator が登場し、その後各社が画像編集ソフトウェアを発売した。今では事実上 Adobe Photoshop が市場をほぼ独占している。

暗室での操作[編集]

デジタル写真編集は誰でもできるが、暗室での編集は単なる技能というよりも芸術的才能が要求された。その技法はデジタルの場合とほぼ同様だが、同じような効果をもたらすには遥かに難しいスキルを要求される。

政治的・倫理的問題[編集]

編集前
編集後
ニコライ・エジョフとスターリン。レタッチ前後の比較。

写真編集は写真が誕生したころから行われてきた。写真は社会的に見れば、本質的に写実性を備えている。写真編集は見る者をだまして納得させるために行われたり、物語性や判り易さを強調するために行われた。アメリカ南北戦争のころには、写真は複数のネガから彫版として出版されていた。

ヨシフ・スターリンプロパガンダ目的で写真を改竄させていたと言われている[4]1920年5月5日、前任者ウラジーミル・レーニンがソビエト軍への演説を行った際、レフ・トロツキーも出席していた。スターリンはそのときの写真を改竄させ、トロツキーが出席していなかったように見せた。NKVDのリーダーであったニコライ・エジョフはスターリンと共に写真に撮影されたことがあるが、1940年に処刑されると、その写真が改竄された。これらは一種のダムナティオ・メモリアエである。

1930年代ジョン・ハートフィールドはナチのプロパガンダへの批判としてフォトモンタージュと呼ばれる写真編集技法を使用した。写真のニュース価値を高めるために写真編集を行った最初のジャーナリストとして、1920年代ベルナール・マクファデンと彼の合成写真が有名である。

現代のデジタル・フォトモンタージュのスタイルと技法は、特にイギリスのデザイン・グループであるヒプノシスによるシュールレアリスム的なアルバムカバー写真により、1960年代末には予期されていた。

画像の改竄については、いくつかの倫理的理論が提案されている。画像改竄の倫理を主題とした討論で[5]、Aude Oliva は写真編集が改竄とみなされるには明確なシフトが必要だと想定した。Image Act Theory[6] において、Carson Reynolds は言語行為論を写真編集と改竄に拡大適用した。How to Do Things with Pictures において[7]、William Mitchell は写真の改竄の長い歴史を詳説し、批判的にそれを議論している。

報道写真の編集[編集]

1982年ナショナルジオグラフィック誌の表紙写真の編集が論争となった。編集者は表紙に収まるように2つのエジプトのピラミッドの距離を縮めてしまったのである。この件で報道における写真編集の妥当性が議論されるようになった。反対派は、その雑誌が現実には存在しないものをあたかも存在しているかのように描写していると主張した。その後も同様の問題はいくつか発生している。例えば、 Redbook (アメリカの女性誌)の表紙にシェールの写真が使われたとき、彼女の笑顔とドレスが修正されている。2005年マーサ・スチュワートが釈放されたとき、ニューズウィーク誌の表紙を飾ったが、それには彼女の顔をスリムな女性の体に繋ぎ合わせた写真を使って、刑務所で減量したことを示そうとした[8]

写真編集に関する他の論争として、人種問題も絡んだ件が1994年夏に発生した。O・J・シンプソンが申し立てにより彼の妻と彼女の友人を殺した容疑(O・J・シンプソン事件)で逮捕されると、複数の出版物が彼の顔写真を掲載した。このとき、タイム誌が写真に修正を加えて顔色がより黒く見えるようにして、囚人ID番号を小さくした[9]。この雑誌は修正されていない同じ写真を使ったニューズウィーク誌と並んで売られたため、その違いが際立つ結果となった。

2006年のレバノン侵攻の際にアドナン・ハジという記者が行った写真改竄の例がある。彼は、写真を改竄して爆煙を本物より大きくしたり、閃光を複写してミサイルの数を増やしたりした。

報道写真のデジタル編集使用については、倫理規定の文書化が進んでいる。例えばアメリカ合衆国全米報道写真家協会 (NPPA) が写真家に対して「見る者に誤解させたり、主題を誤り伝える可能性のある画像処理をしない」よう、出版される画像の正確さを徹底するための倫理規定を定めた[10]。規定違反、特に出版された写真がデジタル編集によって改竄されていた場合は深刻に受け取られる。例えば、ピューリッツァー賞候補にもなった写真家 Allan Detrich は、彼がこれまで発表してきた写真の多くが改竄されたものだったことが発覚して職を追われた[11]

社会や文化の影響[編集]

画像の改竄は日常茶飯事となりつつあり、そのために一般大衆は常に提示された写真が本物かどうかを疑うようになってきた。スーザン・ソンタグは "On Photography"(1977年、邦題は『写真論』)の中で、写真における客観性および客観性の欠如を論じている[12]。雑誌においてはPhotoshopを使った写真編集は普通に行われており、日々リアリティの構築がなされていて、現実と虚構を区別することは難しくなりつつある。

フォトショッピング[編集]

16枚の写真をデジタル画像として合成し、本当の景色であるかのように見せたもの。Adobe Photoshop を使用している。

フォトショッピングとは、写真のデジタル編集を指す俗語である[13][14][15]Adobe Photoshopに由来する用語であるが、同様の画像編集ソフトとしては Paint Shop ProCorel PHOTO-PAINTGIMP などもある[16]。Photoshop の発売元であるアドビシステムズはこのような用法を好ましく思っていない[17]商標の普通名称化を懸念していると思われる。

アドビの思惑に反して photoshop は動詞としても普通に使われるようになり、写真を編集・合成したり、色調を調整することを指すようになっている[18][19]

ポップカルチャーでは、photoshoppingフォトモンタージュジョークに使うことと関係付けらることがある。それは例えば fark.com に見られるような画像や MAD誌に見られる画像である。フォトショッピングされた画像はミーム的に電子メールなどを媒体として広まっていく[20][21]。有名な画像としては、サメとヘリコプター がある。これはナショナルジオグラフィック協会の 'Photo of the Year' であるとしてかなり広く流布したが、デマであることが明らかとされた[22]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 研究社 新英和中辞典/retouch”. ejje.weblio.jp (2012年). 2012年11月閲覧。
  2. ^ goo辞書/retouch”. dictionary.goo.ne.jp (2012年). 2012年11月閲覧。
  3. ^ Farid, Hany. “Photo Tampering Throughout History”. 2010年8月3日閲覧。
  4. ^ King, D. (1997) The Commissar Vanishes: the falsification of photographs and art in Stalin's Russia. Metropolitan Books, New York.
  5. ^ Carlson, Kathryn; DeLevie, Brian; Oliva, Aude (2006). “Ethics in image manipulation”. ACM SIGGRAPH 2006. International Conference on Computer Graphics and Interactive Techniques. ACM. doi:10.1145/1179171.1179176. ISBN 1-59593-364-6. http://portal.acm.org/citation.cfm?id=1179176 
  6. ^ Reynolds, C. J. (July 12–14, 2007). “Image Act Theory” (PDF). Seventh International Conference of Computer Ethics. http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/members/carson/papers/reynolds_cepe2007.pdf 
  7. ^ Mitchell, William J. (1994). “How to Do Things with Pictures”. The Reconfigured Eye: Visual Truth in the Post-Photographic Era. MIT Press. http://www.stanford.edu/class/history34q/readings/Mitchell/MitchellHow.html. 
  8. ^ NPPA Calls Newsweek's Martha Stewart Cover "A Major Ethical Breach"”. National Press Photographers Association (2005年3月9日). 2010年8月3日閲覧。
  9. ^ Carmody, Deirdre (1994年6月25日). “Time Responds to Criticism Over Simpson Cover”. The New York Times. http://www.nytimes.com/1994/06/25/us/time-responds-to-criticism-over-simpson-cover.html 
  10. ^ NPPA Code of Ethics”. National Press Photographers Association. 2010年8月3日閲覧。
  11. ^ Lang, Daryl (2007年4月15日). “Blade Editor: Detrich Submitted 79 Altered Photos This Year”. Photo District News. http://www.pdnonline.com/pdn/article_display.jsp?vnu_content_id=1003571795 
  12. ^ Sontag, Susan (1977). On Photography. p. 4. 
  13. ^ Geelan, David (2006). Undead Theories: Constructivism, Eclecticism And Research in Education. Sense Publisher. p. 146. ISBN 9-077-87431-3. http://books.google.com/books?id=gIl5hit-RywC&pg=PA146&dq=photoshopping+intitle:Undead+intitle:Theories+intitle:Constructivism&ei=77zURub_J5rOogKg9cXQBw&sig=-7YR8abA00kq1S3LRocZm0o08xo. "And with digital photography, there is also the possibility of photoshopping – digitally editing the representation to make it more aesthetically pleasing, or to change decisions about framing." 
  14. ^ Laurence M. Deutsch (2001). Medical Records for Attorneys. ALI-ABA. http://books.google.com/books?id=8QqrCPzDnxAC&pg=PA382&ots=mbIEh8GnA-&dq=photoshopping+shopping&sig=Dj3HcBjSIlSocpmFm3XW8yFCLEg. 
  15. ^ Photoshop Definition”. Dictionary.com. 2010年8月3日閲覧。
  16. ^ Rodriguez, Edward (2008). Computer Graphic Artist. Netlibrary. p. 163. ISBN 8189940422. http://books.google.com/books?id=K9RF1eCK3ccC&pg=PT127. "The term photoshopping is a neologism, meaning "editing an image", regardless of the program used." 
  17. ^ Proper use of the Photoshop trademark”. Adobe Systems Incorporated (2006年6月21日). 2007年3月25日閲覧。
  18. ^ Blatner, David (2000年8月1日). “Photoshop: It's Not Just a Program Anymore”. Macworld. 2010年8月3日閲覧。
  19. ^ “Photoshop Essentials”. Graphic Design Portfolio-Builder: Adobe Photoshop and Adobe Illustrator Projects. Peachpit Press. (August 15, 2005). ISBN 978-0-321-33658-3. http://safari.adobepress.com/0321336585/ch02. 
  20. ^ Jenn Shreve (2001年11月19日). “Photoshop: It's All the Rage”. Wired Magazine. 2010年8月3日閲覧。
  21. ^ Corrie Pikul (2004年7月1日). “The Photoshopping of the President”. Salon.com Arts & Entertainment. 2010年8月3日閲覧。
  22. ^ Danielson, Stentor; Braun, David (2005年3月8日). “Shark "Photo of the Year" Is E-Mail Hoax”. National Geographic News. http://news.nationalgeographic.com/news/2002/08/0815_020815_photooftheyear.html 2006年5月20日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Jean Baudrillard, Paul Patton (Trans.) (1995), "The Gulf War did not take place", Indiana University Press, Bloomington, IN
  • Dawn Ades (1989), "Photomontage", Thames & Hudson, London, UK

関連項目[編集]

外部リンク[編集]