冗談宗教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

冗談宗教(じょうだんしゅうきょう)とは、「本当の」宗教に分類するにはあまりにも馬鹿馬鹿しい「秘教」であると多くの人間がとらえる宗教のこと。あるいは特定の宗教、セクトカルト団体などのパロディパロディ宗教ともいう。いわゆる「新宗教」とは一般に区別されるが、両者の境界はあいまいな場合もある。

概要[編集]

冗談宗教は同時に複数の宗教や教祖のパロディでありうるし、また特定の宗教そのものではなく宗教的な信仰の形式をパロディしていることもある。そのためパロディ元の集団にかつて属していた人間でなければ理解できなかったり関心が持てなかったりするものもあるが、「創造論」と公教育という問題における「空飛ぶスパゲッティ・モンスター教」のように、特定の宗教的な議論に欠けているものを明らかにすることが目指されている場合がほとんどである。また「地球平面協会」のように、かつては大真面目に主張されていた思想も現在では冗談宗教として扱われていることがある。さらに実践する人間によっては冗談から深遠な思想にたどり着き、「本物の」宗教として成立してしまうこともままある[1]。また「ディスコーディアニズム」 などがそうであるように、その馬鹿馬鹿しさに精神的な意義を認めるフォロワーを有していることもあるなど、冗談宗教は単なるパロディジョークにおさまらないことが多い。

有名な冗談宗教[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マーゴット・アドラー『月神降臨』 江口之隆訳、国書刊行会、2003年、349-350頁。
  2. ^ 17歳教に入ると、いろんなことが本当に楽になるんだ。 2013年4月24日 池澤春菜
  3. ^ 人として最低教教義
  4. ^ 教義の点では若干のユーモアを含みつつも真剣なネオドルイドである
  5. ^ 妄想経

関連項目[編集]

執筆の途中です この「冗談宗教」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。